E・HERO(エレメンタルヒーロー) シャイニング・フレア・ウィングマン/Elemental HERO Shining Flare Wingman》

融合・効果モンスター
星8/光属性/戦士族/攻2500/守2100
「E・HERO フレイム・ウィングマン」+「E・HERO スパークマン」
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードの攻撃力は、自分の墓地の「E・HERO」カードの数×300アップする。
(2):このカードが戦闘でモンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動する。
そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

 ELEMENTAL ENERGYで登場した光属性戦士族融合モンスター
 E・HEROの一体であり、融合召喚でしか特殊召喚できない召喚条件墓地E・HEROの数だけ自身の攻撃力強化する永続効果モンスター戦闘破壊墓地へ送った相手効果ダメージを与える誘発効果を持つ。

 融合素材の片方が融合モンスターであるため、普通に出すと消費が非常に激しくなる。
 基本的に、《沼地の魔神王》などの融合素材代用モンスター墓地融合素材を利用できる《ミラクル・フュージョン》を使用することが前提となる。

 攻撃表示モンスター破壊すれば、ダイレクトアタックと同じダメージを与えることができる。
 自身が光属性であるため、《オネスト》攻撃力を大幅に上昇することでさらなるダメージが期待できる。

 自己強化効果により、墓地E・HEROが増えるほど戦闘破壊できる範囲も広がってゆくため、双方の効果は相性が良い。
 ただし、《ミラクル・フュージョン》融合召喚した場合は墓地E・HEROが減るため、攻撃力アップ効果を妨げてしまう点に注意。

 同じ素材では、《E・HERO Great TORNADO》《E・HERO The シャイニング》といったモンスターも出す事ができる。
 《沼地の魔神王》を使うならば、《E・HERO アブソルートZero》も出すことが可能で、戦闘を行わなければ意味のない効果しか持たないのこのカードはそれらに比べ安定性が劣る。
 他の素材指定融合モンスターと比べても《融合準備》等でサポートしにくい面もあるため、活躍させたいならばある程度デッキを調整することが必要になる。

 《E・HERO Great TORNADO》《E・HERO ガイア》と相性が良く、これらの効果弱体化させたモンスター戦闘破壊することで合計ダメージを増やせる。

  • 登場時点では、OCG内において最も長いカード名だった。
  • 攻撃時の台詞は「究極の輝きを放て!」
    この口上を披露したのは「十代vsカミューラ」戦のみであるが、ゲーム作品では攻撃名を言う前にこの台詞が使われている。
  • アニメ5D's第5期OPの冒頭部分でこのカードが登場している。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果で与えるダメージはどの攻撃力適用しますか?
A:戦闘で破壊したモンスターの、墓地に置かれた状態での元々の攻撃力適用します。

Q:このカードが、攻撃力「?」のモンスター戦闘破壊した場合、カードの効果ダメージはどうなりますか?
A:墓地に置かれた状態での攻撃力は0となるため、ダメージは0になります。


Tag: 《E・HERO シャイニング・フレア・ウィングマン》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星8 光属性 戦士族 攻2500 守2100 HERO E・HERO 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告