E・HERO(エレメンタルヒーロー) ネオス・クルーガー》

融合・効果モンスター
星9/光属性/魔法使い族/攻3000/守2500
「E・HERO ネオス」+「ユベル」
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。
その相手モンスターの攻撃力分のダメージを相手に与える。
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、
または戦闘で破壊された場合に発動できる。
手札・デッキから「ネオス・ワイズマン」1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

 LEGENDARY GOLD BOXで登場した光属性魔法使い族融合モンスター
 融合召喚でしか特殊召喚できない召喚制限相手モンスター攻撃力分のバーン誘発効果相手効果戦闘フィールド離れた場合に《ネオス・ワイズマン》特殊召喚する誘発効果を持つ。

 融合召喚でしか出せないものの、召喚条件を無視できる《ネオス・フュージョン》《ミラクル・コンタクト》の存在により出すのは難しくない。
 ただし《ネオス・フュージョン》で出したターン中に除去された場合、あちらの制約により(2)を発動できない点には注意。
 融合召喚するのならば片方を融合素材代用モンスターに任せた方がやりやすい。
 《ネオス・ワイズマン》の運用の際に問題となった「《E・HERO ネオス》《ユベル》のどちらかが事故要素になりやすい」というリスクを軽減できる。
 《ミラクル・フュージョン》《平行世界融合》にも対応するため、墓地融合を狙うのも良い。

 (1)はダメージ計算前発動するバーン効果
 バーンの後に戦闘ダメージを更に与えられるが、戦闘ダメージを0にする効果戦闘破壊耐性をもっていない為、自分より攻撃力が高いモンスターには戦闘破壊されてしまう。
 とは言え、戦闘破壊されてもバーンは通る上にそのまま(2)の効果に繋がるので然程気にする程でもない。

 (2)は《ネオス・ワイズマン》手札またはデッキから特殊召喚する効果
 自分効果や素材として離れた場合には発動できないものの、効果による除去なら破壊以外にも対応している。
 上記の通り自爆特攻することで能動的に発動することもできる。
 墓地からの蘇生には対応せず、素引きした《ネオス・ワイズマン》手札コストに充てたりして使い切ってしまうと特殊召喚できなくなるため注意。

 このカード《ネオス・ワイズマン》両方が戦闘を行う相手攻撃力分のバーンを行う効果を持つ。
 そのため攻撃力4000以上のモンスター相手フィールドに存在すれば、両方で自爆特攻することで8000を削りきれる。

 【ユベル】で採用する場合は、《融合派兵》《融合徴兵》《竜魔導の守護者》等のカード名サポートカード《ユベル》に適用できる方が重要となる。
 手札フィールドに集めて《炎王の孤島》《ドラゴニックD》破壊するプレイングをやりやすくなる。
 サーチリクルートしやすい《E・HERO プリズマー》《ユベル》墓地へ送る事が可能になったのも大きい。

  • 「クルーガー」とは、ドイツ語で「賢い」や「聡明な」という意味。
    《ユベル》の進化形態にドイツ語が使われている点と、《ネオス・ワイズマン》の「ワイズマン(英語で「賢者」)」に合わせて名付けられたものだろう。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《E・HERO ネオス・クルーガー》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星9 光属性 魔法使い族 攻3000 守2500 HERO E・HERO ネオス 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告