E・HERO(エレメンタルヒーロー) ネクロイド・シャーマン/Elemental HERO Necroid Shaman》

融合・効果モンスター
星6/闇属性/戦士族/攻1900/守1800
「E・HERO ワイルドマン」+「E・HERO ネクロダークマン」
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動する。
その相手モンスターを破壊する。
その後、相手の墓地からモンスター1体を選び、相手フィールドに特殊召喚する。

 ENEMY OF JUSTICEで登場した闇属性戦士族融合モンスター
 E・HEROの1体であり、融合召喚でしか特殊召喚できない召喚条件特殊召喚に成功した場合に相手モンスター1体を破壊して相手モンスター1体を相手フィールド蘇生する誘発効果を持つ。

 融合素材はどちらも、【E・HERO】全般でコンボ性の高いモンスターであり、汎用性は低い。
 《E・HERO ネクロダークマン》を採用する場合は、融合素材としてだけでなく《E・HERO プリズマー》のために採用も検討できる。
 両方を採用するとなるとエクストラデッキの枠が厳しいが、《沼地の魔神王》を用いれば融合召喚しやすい。

 効果は単独ではアドバンテージが得られる訳でもなく、対象の選定やコンボで補う必要がある。
 モンスターコストや制限なしに破壊できるが、その後に蘇生が必要なため、その選択が重要となってくる。
 破壊対象を含め相手墓地蘇生できるモンスターがいない場合や、デメリット持ちがいる場合は、一応アドバンテージを得られる。
 ペンデュラムモンスター特殊召喚モンスターが増えている環境では稀ではあるが起こり得る。

 しかしそうでない場合、ステータスの低く処理しやすいものを狙う他、コンボになる効果持ちがいると都合がよい。
 もっとも、ステータスも低く、弱小モンスターに入れ替えたとしても単体で与えられるダメージはそれほど多くない。
 その他、裏側守備表示モンスターリバースさせずに表側表示に変更するなどの小回りも可能。

 とはいえ、タイミングが限定された1度きりの効果攻撃力も低いため、単体の性能で見れば同じ融合素材を採用しても《E・HERO ガイア》等が優先される。
 闇属性HEROなので、《マスク・チェンジ》により《M・HERO ダーク・ロウ》を出すための貴重な選択肢の一つとなる。
 また、その場合はレベル6のため、レベル6を《フォーム・チェンジ》で出す目的でもやはり選択肢の中では扱いやすい部類となる。
 更に、《E・HERO Core》特殊召喚した際にも効果発動可能で、この場合は奇襲性も高くなる。
 あらかじめこのカード墓地に置いておくことで《E・HERO Core》に道連れ効果を持たせるようなものであり、牽制により場持ちに貢献できる。
 相手が複数の属性を使っている場合、任意の属性に入れ替えて場面にあった効果《超融合》へ繋ぎつつ処理することも可能。
 こういった点を活かせるのならば、採用する余地も大いにある。

  • 外見やポーズが歌舞伎を連想させる。
  • 攻撃名は不明だが、英語版アニメでは「ダーク・シャドウ・ストライク」という攻撃名となっている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果の分類はなんですか?
A:誘発効果です。(10/08/06)

Q:破壊蘇生は一連の処理ですか?それとも別の処理ですか?
A:「破壊して蘇生する」までが一つの処理です。(08/11/10)

Q:破壊蘇生は同時扱いですか?
A:同時ではありません。破壊した後で蘇生します。(10/08/06)

Q:墓地から特殊召喚する効果は、墓地モンスター対象にとる効果になりますか?
A:いいえ。この効果相手フィールド上のモンスターを対象に発動する効果で、墓地モンスター効果解決時に選択するため対象を指定していません。
  ただし、この効果は「フィールドモンスター対象にする効果」ではあります。

Q:「破壊+蘇生」は強制効果ですか?
A:はい、強制効果です。モンスターがいない場合は、「発動するが不発」となります。
  「破壊」を行った場合は必ず「蘇生」をしなければなりません。
  「蘇生できないモンスターしか墓地にいない」「破壊したいモンスター特殊召喚できない」時でも破壊します。(08/08/20)

Q:モンスター破壊されたときに《道連れ》発動できますか?
A:その後に蘇生処理が入るため、タイミングを逃すことになり発動できません。

Q:このカード効果解決時《昇霊術師 ジョウゲン》が存在する場合、どのように処理しますか?
A:モンスター破壊する効果は実行されますが、蘇生適用できません。(08/11/10)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》適用中にこの効果発動した場合、どのように処理を行いますか?
A:この効果無効化されます。(16/12/29)

Q:相手フィールド《王家の眠る谷−ネクロバレー》及びモンスターが存在し、相手墓地モンスターが存在しない場合にこのカードの(1)の効果発動した場合どうなりますか?
A:『その相手モンスター破壊する』処理のみ行われます。(17/01/06)

Q:相手フィールド《王家の眠る谷−ネクロバレー》及びモンスターが存在し、相手墓地モンスター特殊召喚できないモンスターのみの場合にこのカードの(1)の効果発動した場合どうなりますか?
A:『その相手モンスター破壊する』処理のみ行われます。(17/01/06)

Q:《マクロコスモス》適用中かつ相手墓地モンスターが0体の状況でこのモンスター融合召喚しました。
  この場合、「破壊は実行されるが蘇生はなし」ですか?それとも「破壊も行われない」ですか?
A:《E・HERO ネクロイド・シャーマン》の効果は、墓地モンスターが存在しない場合でも発動します。
  よって、相手モンスター破壊除外します。(08/08/20)

Q:《スケープ・ゴート》《虚無の統括者》との関連性はどうなっていますか。
A:《スケープ・ゴート》使用者の相手プレイヤーがこのカード特殊召喚した場合、モンスター破壊しますが、蘇生効果を使用することは出来ません。
  自分フィールド上に《虚無の統括者》が存在する場合も、モンスター破壊は行われますが、蘇生は行われません。(07/11/27)

Q:《シャドール・ファルコン》破壊し即座に蘇生した場合、効果発動しますか?
A:します。(14/08/04)


Tag: 《E・HERO ネクロイド・シャーマン》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 戦士族 攻1900 守1800 HERO E・HERO 正規の方法以外での特殊召喚不可 ロイド

広告