E・HERO(エレメンタルヒーロー) フレア・ネオス/Elemental HERO Flare Neos》

融合・効果モンスター
星7/炎属性/戦士族/攻2500/守2000
「E・HERO ネオス」+「N・フレア・スカラベ」
自分フィールド上の上記のカードをデッキに戻した場合のみ、
エクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」魔法カードは必要としない)。
このカードの攻撃力は、フィールド上の魔法・罠カードの数×400ポイントアップする。
また、エンドフェイズ時、このカードはエクストラデッキに戻る。

 POWER OF THE DUELISTで登場した炎属性戦士族融合モンスター
 E・HEROの一体であり、《E・HERO ネオス》《N・フレア・スカラベ》コンタクト融合した姿である。
 コンタクト融合体共通の召喚条件フィールド魔法・罠カードの数だけ自己強化する永続効果エンドフェイズエクストラデッキに戻る誘発効果を持つ。

 1ターンしかフィールドに存在できない致命的なデメリットがあり、《ネオスペース》等のサポートなしでは使いにくい。

 攻撃力の上昇は永続魔法永続罠などフィールドに残るカードと相性が良い。
 《ネオスペース》《インスタント・ネオスペース》を張ればデッキに戻る効果発動を防ぎながら攻撃力を上昇できる。
 ペンデュラム召喚融合素材を展開すれば、ペンデュラムゾーンカードもカウントし、デッキに戻った《E・HERO ネオス》《召喚師のスキル》などでサーチして再展開できる。

 また《N・フレア・スカラベ》《リビングデッドの呼び声》《魂の共有−コモンソウル》特殊召喚してコンタクト融合する事でそれらの永続カードフィールドに残すという方法もある。
 《心鎮壷》《カースド・フィグ》相手セットされたカードを固定するのもいいだろう。
 通常魔法など、手札を可能な限りセットすることで攻撃力を大幅に上げることもできる。
 ただし、全体除去を受ける恐れがあるため、《スターライト・ロード》などと併用できる場合を除き、不要なセットを行うのは万一の場合か勝負を決められる場合にとどめたい。

 一撃必殺ほどの攻撃力を得る事は難しいが、相手ライフポイントより高い場合など《E・HERO エアー・ネオス》より安定した攻撃力を得られる。
 また《ミラクル・コンタクト》の登場以降《E・HERO マグマ・ネオス》特殊召喚が狙いやすくなっており、その場合は下位種であるこのカードが保険として有効に働く。
 しかし攻撃力上昇値の力不足感は否めず、チェンジ先が扱いにくい《M・HERO 剛火》のみな事で大きく評価を落としている。

  • アニメのイラストは背後に水色の球体のようなものが描かれていた。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:自分フィールド装備魔法扱いの《E・HERO ネオス》《N・フレア・スカラベ》デッキに戻し、このモンスター特殊召喚することはできますか?
A:はい、できます。(10/08/10)


Tag: 《E・HERO フレア・ネオス》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星7 炎属性 戦士族 攻2500 守2000 HERO E・HERO ネオス 正規の方法以外でエクストラデッキから特殊召喚不可

広告