E・HERO(エレメンタルヒーロー) プリズマー/Elemental HERO Prisma》

効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1700/守1100
(1):1ターンに1度、エクストラデッキの融合モンスター1体を相手に見せ、
そのモンスターにカード名が記されている融合素材モンスター1体を
デッキから墓地へ送って発動できる。
エンドフェイズまで、このカードは墓地へ送ったモンスターと同名カードとして扱う。

 アカデミーデュエルディスク オシリスレッドバージョンで登場した光属性戦士族下級モンスター
 E・HEROの1体であり、融合素材モンスターデッキから墓地へ送る事でその同名カード扱いとなる起動効果を持つ。

 何らかの融合素材に指定されているモンスターであれば、それをデッキから墓地へ送る事でカード名をコピーできる。
 ただし、融合素材として「カード名」が明記されていなければならず、カテゴリ属性のみを指定している融合モンスター相手に見せることはできない。
 コピーできるのはカード名のみであり、ステータス効果はコピーすることはできないので、その性質は融合素材代用モンスターに近いと言える。
 また、《混沌幻魔アーミタイル》剣闘獣融合モンスターのような「融合召喚できない融合モンスター」の融合素材としても使用できる。
 それらの融合モンスターには融合素材代用モンスターが使用できないため、こちらを採用することになる。

 《融合識別》と異なり、カード名をコピーした後は必ずしも融合素材にしなくともよいため、特定のカード名を参照するカードコンボすることもできる。
 《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−》をコピーして《ドラゴンを呼ぶ笛》発動する、《古代の機械巨人》をコピーして《古代の機械融合》デッキ融合条件を満たす、といったことができる。

 融合素材となるモンスターをピンポイントで墓地へ送る事ができ、《おろかな埋葬》の様に使える。
 《E・HERO ネオス》等の蘇生手段が豊富なモンスター墓地へ送る事で蘇生に繋げたり、《E・HERO ネクロダークマン》等の墓地効果発動するモンスター墓地へ送る事にも使える。
 墓地融合とも好相性で、例えば《龍の鏡》《青眼の究極竜》融合召喚する場合は、墓地へ送った《青眼の白龍》とそれをコピーしたこのカードの両方を融合素材にできる。
 融合モンスターテキストに記された通常モンスター墓地へ送り、このカードを素材に《ダイガスタ・エメラル》エクシーズ召喚すれば、そのモンスターを即座に特殊召喚できる。
 モンスター墓地へ送るのはコストなので、効果無効化されてもモンスター墓地へ送る事ができるが、《マクロコスモス》などでモンスター墓地へ送る事ができない場合は発動自体できない点は気を付けたい。

 E・HERO墓地へ送り《ミラクル・フュージョン》でこのカード墓地E・HERO融合素材にすれば、墓地E・HEROと同属性属性E・HERO融合モンスターか、《E・HERO The シャイニング》融合召喚可能。
 その後《E・HERO The シャイニング》墓地へ送られた場合、除外された融合素材を回収でき、手札加えたいE・HERO墓地へ送る事で擬似的なサーチになる。
 【剣闘獣】では、《剣闘獣ガイザレス》等の剣闘獣融合モンスター特殊召喚を補佐すると同時に墓地を肥やすことができるため、大きなシナジーが見込める。
 《ヒーローアライブ》リクルートすれば、他の剣闘獣召喚して即座に《剣闘獣ガイザレス》らへ繋げることもできる。

関連カード

―類似効果

カード名関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:《禁止令》によって《剣闘獣ベストロウリィ》宣言されている場合、エクストラデッキ《剣闘獣ガイザレス》を指定して《剣闘獣ベストロウリィ》墓地へ送れますか?
A:《剣闘獣ベストロウリィ》墓地へ送って同名カードになる事ができます。
  《禁止令》発動前からこのカードフィールド上に存在しているなら、《剣闘獣ベストロウリィ》カード名を得たこのカードプレイできます。
  《禁止令》発動後に召喚反転召喚特殊召喚されたなら、《剣闘獣ベストロウリィ》と同名扱いとなったこのカードプレイできません。(12/07/20)

Q:《レインボー・ネオス》を指定して《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》墓地へ送れますか?
A:融合素材モンスターの名前が明確に記されていない場合は、墓地へ送ることはできません。(08/04/15)

Q:《究極竜騎士》を指定して《青眼の究極竜》エクストラデッキから墓地へ送る事はできますか?
A:融合素材モンスターとなっている融合モンスター墓地へ送る事はできません。(08/03/19)

Q:エクストラデッキから融合モンスター1体を相手に見せて、その融合モンスター融合素材モンスターとしてカード名が記されているモンスター1体を自分デッキから墓地へ送るのは発動コストになりますか?
A:はい、発動コストになります。(07/11/28)

Q:このカード効果によりカード名が別になっている時、「このモンスター融合召喚は、上記のカードでしか行えない」と記された融合モンスター融合素材として使用できますか?
A:はい、その場合でも使用できます。(07/12/08)

Q:自身の効果融合素材同名カード扱いとなったこのモンスター《沼地の魔神王》融合し、融合モンスター融合召喚できますか?
A:はい、可能です。(07/12/08)

Q:《滅びの爆裂疾風弾》発動したターンバトルフェイズに、《E・HERO プリズマー》で攻撃しました。
  このターンメインフェイズ2に、《E・HERO プリズマー》は効果発動して、カード名《青眼の白龍》にすることはできますか?
A:はい、可能です。(10/07/09)

Q:《ヒーロー・マスク》効果でこのカードカード名《E・HERO ネオス》の時にエクストラデッキ《レインボー・ネオス》等を見せて、デッキ《E・HERO ネオス》墓地へ送ってこのカードの効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(14/02/10)


Tag: 《E・HERO プリズマー》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 戦士族 攻1700 守1100 E・HERO HERO

広告