EM(エンタメイト)ウィム・ウィッチ/Performapal Whim Witch》

ペンデュラム・効果モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻 800/守 800
【Pスケール:青4/赤4】
「EMウィム・ウィッチ」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが
相手フィールドにのみ存在する場合に発動できる。
Pゾーンのこのカードを特殊召喚する。
【モンスター効果】
(1):Pモンスターをアドバンス召喚する場合、このカードは2体分のリリースにできる。

 インベイジョン・オブ・ヴェノムで登場した闇属性魔法使い族下級ペンデュラムモンスター
 特定条件でペンデュラムゾーンから特殊召喚できるペンデュラム効果ペンデュラムモンスターアドバンス召喚する場合、2体分のリリースになるルール効果を持つ。

 ペンデュラム効果は自身をペンデュラムゾーンから特殊召喚できるもの。
 現在は多くのデッキエクストラデッキを使用しているので発動条件を満たすことは容易い。
 一方で、条件を満たせない場合には使いづらいスケール4のカードでしかない。
 単にレベルモンスター特殊召喚したいのならば他に幾らでも候補はいるため、種族属性ペンデュラムモンスター等の差別化や下記のモンスター効果を意識したい。
 例として《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》リンク召喚を狙う場合に、その素材として採用を検討できる。
 《魔界劇団カーテン・ライザー》の方が使いやすいが、こちらは回数制限がなく、通常召喚したモンスターがいても特殊召喚できる。

 モンスター効果ペンデュラムモンスター専用のダブルコストモンスターになるもの。
 対応するモンスター自体は多いのだが、デメリットの無いスケール8のカードが複数ある現在ではレベル7をアドバンス召喚するメリットは少ないと言える。
 基本的にはペンデュラム召喚が難しいレベル8以上のアドバンス召喚を狙いたい。
 同じEMである《EMラフメイカー》サーチ手段を共有できるため扱いやすいだろう。
 《魔妖仙獣 大刃禍是》とは相性がよく、アドバンテージが取れる効果を持つ一方で専用構築でもペンデュラム召喚が難しいため、このカードを絡ませる意味がある。
 《アモルファージ・イリテュム》レベル8故にペンデュラム召喚しにくく、手札から出す手段として活用できる。

  • 「ウィム(Whim)」は英語で「気まぐれ」を意味する。
  • アニメARC-Vで遊矢が使用した通常罠《EM大加勢》のイラストに描かれている。

関連カード

対応するレベル7以上のペンデュラムモンスター

収録パック等


Tag: 《EMウィム・ウィッチ》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星3 闇属性 魔法使い族 攻800 守800 スケール4 EM

広告