EM(エンタメイト)ガンバッター/Performapal Bowhopper》

効果モンスター
星4/地属性/昆虫族/攻1500/守1000
「EMガンバッター」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「EM」モンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターのレベル×100ダメージを相手に与える。
(2):自分フィールドの「EM」モンスター1体をリリースし、
リリースしたモンスター以外の自分の墓地の
「EM」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 クロスオーバー・ソウルズで登場した地属性昆虫族下級モンスター
 EM射出してバーンを行う起動効果EMリリースして他のEMサルベージする起動効果を持つ。

 メインとなるのは(2)のサルベージ効果
 【EM】ペンデュラムモンスターが主体だが、《EMウィップ・バイパー》などの効果モンスターも採用され、墓地に行くこともある。
 また、エクシーズ召喚によって墓地ペンデュラムモンスターが落ちる事も多い。
 フィールドペンデュラムモンスターリリースしてエクストラデッキに送りつつ、墓地に落ちてしまったペンデュラムモンスターを回収し、次のペンデュラム召喚で出すのが基本的な運用となる。
 モンスターとして運用する場合は《EMフレンドンキー》蘇生した方が良い場合が多いので、ペンデュラム効果を利用する場合か、《EMハンマーマンモ》を再利用する場合に使うことになる。

 (1)のバーン効果ペンデュラムモンスターが使い減りしない事を考えてもダメージ効率が悪く、相手にトドメを刺す際に使える程度である。

  • 大きいバッタが小さいバッタの背中に載っている、2体1組のモンスター
    大きいバッタの頭には弓が装着されており、アニメでは小さなバッタを射出して攻撃していた。
    カード名は「頑張った」と「バッタ」をかけているのだろう。
  • モチーフはバッタの一種「オンブバッタ」。
    オスがメスの背中に乗っている姿がしばしば見られる事からこの名がついた。
    他のバッタも交尾の際にはオスがメスの背中に乗るのだが、なぜかオンブバッタだけは交尾後もしばらく乗ったままである。
  • 「ランサーズvs捕縛隊員3人」戦で遊矢が使用した通常罠《エンタメターン》のイラストに描かれている。
  • ARC-V 最強デュエリスト遊矢!!の「遊矢vs沢渡」戦でも遊矢が使用。
    アクションデュエルではアクションカードを見つけるために遊矢を自身の弓を使って遠くに飛ばしていた。

関連カード

収録パック等


Tag: 《EMガンバッター》 モンスター 星4 地属性 昆虫族 効果モンスター 攻1500 守1000 EM

広告