EM(エンタメイト)シルバー・クロウ/Performapal Silver Claw》

ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/獣族/攻1800/守 700
【Pスケール:青5/赤5】
(1):自分フィールドの「EM」モンスターの攻撃力は300アップする。
【モンスター効果】
(1):このカードの攻撃宣言時に発動する。
自分フィールドの「EM」モンスターの攻撃力は
バトルフェイズ終了時まで300アップする。

 Vジャンプ(2014年6月号) 付属カードで登場した闇属性獣族下級ペンデュラムモンスター
 EM攻撃力全体強化するペンデュラム効果攻撃宣言時にEM攻撃力全体強化する誘発効果を持つ。

 ペンデュラムスケールは5と、上級モンスター下級モンスターの間の微妙な数値。
 だが、EMの主力である下級モンスターペンデュラム召喚するのには支障がないので、【EM】では充分な性能である。
 EM全体強化するペンデュラム効果を、《EMチアモール》単体強化効果トリガーにするのもいいだろう。

 モンスター効果は自身にも適用されるため、自分ターンでは実質攻撃力は2100となる。
 また、攻撃宣言のたびに発動するため、《EMファイア・マフライオ》などで攻撃回数を増やすと、自軍全体の攻撃力を効率的に上げられる。
 《EMペンデュラム・マジシャン》《EMパートナーガ》《EMドラミング・コング》等のペンデュラム効果による強化も併用しやすく、容易に攻撃力3000以上になる。
 EM下級モンスター、また下級獣族としてもトップクラスの攻撃力になり、【EM】では主力アタッカーを務められる。
 【EM】《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》を使う場合にも、効果ダメージ量を狙うならこのカード融合素材にしたい所。
 闇属性なので《魔のデッキ破壊ウイルス》コストにもできる。

 このカードと同じ種族レベルステータスで、更にEM全体強化効果を持つペンデュラムモンスターには、《EMゴールド・ファング》も存在する。
 ペンデュラム効果でも強化でき、強化値で勝る分、全体強化目当てならこちらの方が使い勝手は良い。
 一方、《EMゴールド・ファング》ペンデュラム効果ダメージ数値がこのカード強化と比べて大きく、戦闘破壊を狙えるならあちらの方がダメージが大きくなる場合が多い。
 ペンデュラムスケールも異なり、こちらを使うなら下級モンスターペンデュラム召喚するのがメインになる。
 両方採用して使い分けられるようにしておくのも手か。

  • 名前に「クロウ」とあるが、カラスのモンスターではなく狼のモンスターである。
    つまりこの名前は英語名の通り、「銀のカラス(Silver Crow)」ではなく「銀の爪(Silver Claw)」である。
  • ミスなのか意図的なのかは定かではないが、「遊矢vs権現坂」(2戦目)で使用された際には、守備力の事を「防御力」と発言されている。
  • 遊矢の融合召喚時の口上では「誇り高き銀狼」と称されている。
  • 因みに、読み切りが掲載されたのはこのカードが付属した号の次の号であり、OCGが先行登場した形となっている。
    その後、OCG化から約5か月以上経ってアニメにも登場している。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《EMシルバー・クロウ》 ペンデュラムモンスター 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 獣族 攻1800 守700 スケール5 EM

広告