EM(エンタメイト)ミス・ディレクター》

チューナー・効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻   0/守2000
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「オッドアイズ」モンスターが存在する限り、
相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。
(2):このカードがモンスターゾーンに守備表示で存在する限り、
自分の「オッドアイズ」モンスターは戦闘では破壊されず、
その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
(3):自分の墓地のレベル1モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを効果を無効にして特殊召喚し、
そのモンスターとこのカードのみを素材としてS召喚する。

 Vジャンプ(2019年5月号開始) 一年間定期購読特典で登場した闇属性魔法使い族上級モンスターチューナー
 オッドアイズモンスターが存在する場合に自身が攻撃対象にならない永続効果自分オッドアイズ戦闘破壊耐性を付与し、オッドアイズ戦闘で発生する戦闘ダメージを0にする永続効果自分墓地レベルモンスター蘇生し、このカードとでシンクロ召喚を行う起動効果を持つ。

 (1)はオッドアイズモンスターが存在する場合に攻撃対象にならない効果
 自身のステータスは低いため戦闘破壊から守れるのはありがたい。

 (2)はオッドアイズへの戦闘破壊耐性戦闘ダメージを0にする効果
 (1)の効果で自身は攻撃対象にならないため、このカードオッドアイズが並べば戦闘で突破されることがなくなる。
 単にオッドアイズ戦闘破壊を防ぐ効果と見ても良く、特にモンスター効果に強い《オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン》は守れる恩恵も大きい。
 もっとも、全体除去で一掃される恐れがある点は留意しておきたい。

 (3)はレベルモンスター蘇生してシンクロ召喚する効果
 レベル7には《ブラック・ローズ・ドラゴン》《邪竜星−ガイザー》を始めとした汎用性の高いシンクロモンスターが多く、【オッドアイズ】では《オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン》も出せる。
 ただし【オッドアイズ】では蘇生対象ペンデュラムモンスター《EMオッドアイズ・ユニコーン》程度であり、墓地に置きづらい。
 他の蘇生対象となるモンスターを別途用意しておく必要があるだろう。
 【オッドアイズ】融合モンスターシンクロモンスターエクシーズモンスターを使うため、《カクリヨノチザクラ》は相性がよく蘇生候補に最適。

 闇属性魔法使い族と恵まれたステータスチューナーのため、(1)(2)の効果を無視して【魔法使い族】に投入するのもいい。
 その場合は(3)の蘇生対象には《ジェスター・コンフィ》《占い魔女 ヒカリちゃん》が使いやすい。

  • カード名は、「ミスディレクション」と、「Ms.ディレクター」をかけたものだろう。
    「ミスディレクション」とは、手品などでよく使われる視線誘導テクニックのことであり、戦闘ダメージを避ける効果はここから来ているのだろう。
    また、「Ms.」は未婚の女性への敬称、「ディレクター」はテレビ番組制作における監督を意味する。

関連カード

収録パック等


Tag: 《EMミス・ディレクター》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 魔法使い族 攻0 守2000 EM

広告