EM(エンタメイト)ロングフォーン・ブル/Performapal Longphone Bull》

効果モンスター
星4/地属性/獣族/攻1600/守1200
「EMロングフォーン・ブル」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからPモンスター以外の「EM」モンスター1体を手札に加える。

 STARTER DECK(2016)で登場した地属性獣族下級モンスター
 特殊召喚に成功した場合にペンデュラムモンスター以外のEMサーチする誘発効果を持つ。

 EMには既に《EMドクロバット・ジョーカー》《EMペンデュラム・マジシャン》といったサーチャーが存在する。
 よってこのモンスターは、上記2体に次ぐサーチャーとして《EMセカンドンキー》《EMヘイタイガー》と枠を争う事となる。
 いずれのカードサーチ効果発動する条件やサーチできる範囲が違うため、デッキタイプにより使い分けが肝要になる。
 一応、ペンデュラムモンスターではないため、《EMスライハンド・マジシャン》サーチしてすぐに特殊召喚することができる。
 《EMフレンドンキー》はこのカードサーチでき、このカード蘇生もできるので併用はしやすい。

  • 角が受話器になった牛のモンスターである。
    名前は牛の品種の1つ「long horn(ロングホーン)」+「long phone call(ロングフォーンコール:長電話)」だろうか。
    また、尻尾がプラグになっている。

関連カード

―《EMロングフォーン・ブル》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《EMロングフォーン・ブル》 モンスター 効果モンスター 星4 地属性 獣族 攻1600 守1200 EM

広告