F.A.(フォーミュラアスリート)オーバー・ヒート/F.A. Overheat》

通常罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドにのみモンスターが存在する場合に発動できる。
手札から「F.A.」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターのレベルはターン終了時まで3つ上がる。
(2):自分のフィールドゾーンにカードが存在しない場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分の手札・墓地から「F.A.」フィールド魔法カード1枚を選んで発動する。

 EXTRA PACK 2018で登場した通常罠
 F.A.手札から特殊召喚する効果、自身を墓地コストF.A.フィールド魔法発動する効果を持つ。

 (1)は手札からF.A.特殊召喚する効果
 F.A.手札からの展開手段が少ないため、特殊召喚効果自体は有用。
 さらに一時的だがレベルも上昇するため、各々の追加効果適用も狙える。
 しかし、その発動条件が問題であり、このカード罠カードであることも相まって中々発動する機会がない。
 基本的には、こちらの効果は無理に狙わない方がよい。

 (2)は墓地から自身を除外することで手札墓地F.A.フィールド魔法発動できる効果
 基本的には墓地へ送られたF.A.フィールド魔法を再利用する為に使用することになるだろう。
 しかし、「F.A.魔法・罠カード効果の発動」はF.A.デッキにとって重要な要素であり、場合によってはF.A.フィールド魔法手札から発動させるプレイングも必要になる。

 F.A.レベルを安定して上げることのできるF.A.フィールド魔法F.A.デッキにとって重要なカードであり、そのフィールド魔法を使い回せる(2)の効果は有用なものである。
 ただ、墓地発動する効果なのが厄介で、このカードは(1)の発動条件の厳しさ故に「発動して墓地へ送る」という方法を安定してとることが難しい。
 そのため、このカードを活用したい場合は、手札デッキからこのカードを直接墓地へ送る手段も別途用意しておくとよい。
 比較的簡単な方法としては、トロイメア《ジェット・シンクロン》などを採用しそれらの手札コストに利用する、《おろかな副葬》を採用するなどが考えられるか。

  • 「オーバーヒート」は、許容量以上の熱が発生した状態のこと。
    例えばエンジンはオーバーヒート状態となると潤滑油の変質・部品の破損などのトラブルの原因となる。
    • カーレースを題材とした創作では、オーバースピードが原因で発生する事が多い。
      特殊召喚したモンスターレベルを一時的に上昇させる効果は、そうしたイメージから来ていると思われる。
  • イラストでは故障しているマシンは特に見られず、「オーバーヒート」は「(試合やレースが)白熱する」という意味でも用いられていることから「レースの決着の瞬間」という最も白熱する場面を表したカード名だとも考えられる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《F.A.オーバー・ヒート》 通常罠 F.A.

広告