(ジャイアント)・ボールパーク》

フィールド魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):ダメージ計算時に発動できる。
その戦闘で発生するお互いの戦闘ダメージを0にし、
自分のデッキからレベル4以下の昆虫族モンスター1体を墓地へ送る。
この効果で通常モンスターが墓地へ送られた場合、
さらにその同名モンスターを自分の手札・デッキ・墓地から任意の数だけ選んで特殊召喚できる。
(2):自分フィールドのモンスターが相手の効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
自分の墓地から昆虫族の通常モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 SOUL FUSIONで登場したフィールド魔法
 戦闘ダメージを0にしてデッキから下級昆虫族墓地へ送り、それが通常モンスターなら同名モンスター特殊召喚する効果昆虫族通常モンスター蘇生させる効果を持つ。

 (1)の効果戦闘トリガーとした下級昆虫族専用の《おろかな埋葬》
 さらにこの効果通常モンスター墓地へ送った場合は、同名カードを任意の数だけ特殊召喚でき、リンク召喚エクシーズ召喚に繋ぐ事ができる。
 効果発動タイミングはバトルフェイズとなるため、自分モンスター相手モンスター戦闘破壊しながら発動し、《甲虫装甲騎士》《G戦隊 シャインブラック》などのアタッカーによる追撃が可能。
 相手ターンで使う場合でも、最大3体のを準備できる。
 同名カード3枚をデッキから引っ張り出せるので、《超装甲兵器ロボ ブラックアイアンG》の下準備としても最適。

 昆虫族を3体並べることが可能なため《甲虫装機 ピコファレーナ》リンク素材装備モンスターの用意ができる。
 《ゴキポール》装備カードにすることで、相手モンスター除去しつつリンクモンスターにつなげることができる。
 《共振虫》装備カードにすれば、昆虫族通常モンスターリンク素材として墓地へ送り《超装甲兵器ロボ ブラックアイアンG》サーチしつつ特殊召喚の条件を整えることも可能。
 さらに墓地昆虫族デッキに戻してドローする効果も、デッキから墓地へ送る通常モンスターを確保できる点で非常に相性が良い。

 通常モンスター以外では《ゴキポール》との相性がよく、このカード墓地へ送ることによりあちらの効果発動できる。
 《ゴキポール》効果を使う場合、展開できる通常モンスターの数は1体のみだが除去効果もついてくるため、このカードで直接通常モンスター墓地へ送るかどうかは状況に応じて選択したい。

 (2)の効果効果除去トリガーとした墓地昆虫族通常モンスター蘇生
 こちらの効果通常モンスターのみが対象となるが、(1)の効果によって墓地通常モンスターを準備するのは容易であるため、デッキ昆虫族通常モンスターを入れているならば発動機会に困る事はほとんどないだろう。
 相手に依存する上、蘇生したモンスター通常モンスターなので単体で状況を切り開ける場合は少なく、基本的には除去に対する保険として構えておくとよい。
 なお、(1)の効果と違いレベルに制限はないため、墓地に準備しておけば《鉄鋼装甲虫》なども蘇生できる。

  • 「ボールパーク(ball park)」はアメリカ英語で野球場を意味する。
  • ただし、《増殖するG》等は「G」と書いて「ジー」と読むのに対し、このカードの「G」は「ジャイアント」と読むので宣言の際には間違えない様に注意。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《G・ボールパーク》 魔法 フィールド魔法

広告