HSR(ハイスピードロイド)GOM(ジーオーエム)ガン》

リンク・効果モンスター
リンク2/風属性/機械族/攻1000
【リンクマーカー:左下/右下】
風属性モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
風属性モンスター1体を召喚する。
この効果を発動したターン、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):EXデッキから風属性Sモンスター1体を除外して発動できる。
レベルの合計が除外したモンスターと同じになるように、
デッキからカード名が異なる「スピードロイド」モンスター2体を相手に見せ、
相手はその中からランダムに1枚選ぶ。
その1枚を自分の手札に加え、残りを墓地へ送る。

 LINK VRAINS PACK 2で登場した風属性機械族リンクモンスター
 風属性モンスター召喚できる起動効果スピードロイド2体をサーチした上で1体を手札に加え、残り1体を墓地へ送る起動効果を持つ。

 【スピードロイド】は勿論の事、(1)の効果により【風属性】全般で採用が検討できる。
 ただし、シンクロ召喚以外のエクストラデッキからの特殊召喚を中心とするデッキでは制約とアンチシナジーになる点は注意。
 《SRベイゴマックス》《SRタケトンボーグ》出張セットを採用していれば(2)の効果の発動も狙える。

 《SRベイゴマックス》《SRタケトンボーグ》を用いる場合など、召喚権を使わずに展開することは難しくない。
 また、《幻獣機テザーウルフ》《クロック・ワイバーン》効果を使う事で、1枚でリンク召喚ができる。
 その後に(2)の効果を使い、サーチしたモンスター召喚すればリンク3、4につなぐことも十分狙える。

 (1)は風属性1体を召喚する効果
 このカードリンク召喚するために召喚権を費やしてもこの効果により更なる展開が可能となる。
 ただし効果発動後のエクストラデッキからの展開に制約がかかるため連続リンク召喚を行う事は不可能。
 (2)でサーチした《SRオハジキッド》《SRダブルヨーヨー》《SRバンブー・ホース》等を召喚すれば上記の制約をクリアしつつ大型モンスターを呼ぶことができる。

 (2)はスピードロイドサーチ墓地送りを行う効果
 風属性シンクロモンスターレベル11以外の全てのレベルカードがあるため、レベル7である《SRビードロ・ドクロ》レベルスピードロイド以外であれば、任意の組み合わせで行うことが可能。
 選ぶ際にはどちらが手札に加わっても良い組み合わせ、あるいはどちらが墓地へ送られても良い組み合わせにすればランダム要素は抑えられる。
 例えば墓地スピードロイドチューナーが存在する状況ならば、《SRダブルヨーヨー》《SRオハジキッド》の2つを選択すればどちらにせよ召喚からシンクロ召喚の流れができる。
 ただし、現状除外したシンクロモンスターの活用法及び再利用手段が乏しい点は考慮しておきたい。

  • モチーフは、輪ゴムを発射するオモチャの「ゴム銃」だろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《HSR−GOMガン》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 風属性 機械族 攻1000 スピードロイド ロイド

広告