(アイ)(ピー)マスカレーナ》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/サイバース族/攻 800
【リンクマーカー:左下/右下】
リンクモンスター以外のモンスター2体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手メインフェイズに発動できる。
このカードを含む自分フィールドのモンスターをリンク素材としてリンク召喚する。
(2):このカードをリンク素材としたリンクモンスターは相手の効果では破壊されない。

 CHAOS IMPACTで登場した闇属性サイバース族リンクモンスター
 相手メインフェイズリンク召喚する誘発即時効果リンク素材としたモンスター効果破壊耐性を与えるルール効果を持つ。

 リンク素材リンクモンスター以外と非常に緩い。
 《リンク・スパイダー》等が使えないものの、属性種族レベル等が一切縛られていないため、ほとんどのデッキリンク召喚が可能。
 リンクマーカーはオーソドックスな斜め下左右であり、リンク先を確保する要員としての汎用性は高いと言える。

 (1)は相手ターンに自身を素材としたリンク召喚を行う効果
 リンク素材の指定から2枚目の同名カードになることはできないため、基本的には他のモンスターと組み合わせリンク3以上を狙うことになる。
 基本的な動きとしては《星遺物からの目醒め》と同様で、サクリファイス・エスケープリンク召喚に成功した場合の効果を狙うことになる。
 また、(2)の効果により効果破壊耐性も付与できるので《サンダー・ボルト》のような対象をとらない効果による破壊にも強い。
 リンクモンスターの性質としてリンク先に展開した瞬間の全体除去が天敵になりやすいため、まとめてリンク素材とし損失を回避できる点は有力となる。

 (2)は自身をリンク素材としたモンスター効果破壊耐性を与える効果
 戦闘破壊対象をとる(指定する)効果耐性を持つモンスターと組ませれば強固な耐性を得られる。
 中でも《双穹の騎士アストラム》リンク素材縛りをクリアしつつ高い戦闘能力と対象耐性を持つので非常に相性が良い。
 他にも、《天威の龍拳聖》も同じく縛りをクリアでき、戦闘破壊耐性を持つので好相性。
 《召命の神弓−アポロウーサ》などのリンク素材とし、より強固な制圧盤面とするのも良い。

  • ローラースケートを履いた、スポーティーな女性の姿をしている。
    名前の由来は、Linuxに搭載されている機能の一つ「IPマスカレード」か。
    IPアドレス(Internet Protocol address)をLAN内の複数の機器で共有するシステムである。
    • 頭部に仮面のようなものが確認できる。
      そのことから、仮面をつけ身分素性を隠して行われる舞踏会の「マスカレード」とも掛けていると思われる。
  • 「I:P」という表記になっているのは、顔文字「:P」とかけているためと思われる。
    右に90度傾けると舌を出しているように見えるもので、このような顔文字はおもに英語圏で使用される。
    このモンスターも舌を出して笑っている表情をしており、これを表現しているのだろう。
  • 初収録パックの発売と同時期に行われるイベントで特製プロテクターのイラストに抜擢されている。
    このため、カードの詳細情報が明らかになる数週間前の時点でイラストのみ判明していた。

関連カード

―(1)の類似効果

収録パック等


Tag: 《I:Pマスカレーナ》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 闇属性 サイバース族 攻800

広告