Kozmo(コズモ)−グリンドル/Kozmo Goodwitch》

効果モンスター
星4/光属性/サイキック族/攻1800/守1000
「Kozmo−グリンドル」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのこのカードを除外して発動できる。
手札からレベル5以上の「Kozmo」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):1ターンに1度、500LPを払い、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。

 EXTRA PACK 2016で登場した光属性サイキック族下級モンスター
 サイキック族Kozmo共通の誘発即時効果ライフコスト相手フィールド表側表示モンスター裏側守備表示にする起動効果を持つ。

 (1)の効果については類似した効果を持つ《Kozmo−ドロッセル》を参照。
 このカード《Kozmo−ドロッセル》より対象が狭い。
 レベル4であるため、《緊急テレポート》リクルートできず、《パンダボーグ》リクルートすることになる。

 (2)は相手モンスター裏側守備表示にする効果
 攻撃力の高さから対処可能な守備力モンスターが多く、自分モンスターコンボを狙わないのであれば召喚権を圧迫する《月読命》よりも扱いやすい。
 《ライオウ》等の厄介なルール介入型を妨害しつつアタッカーとしても使えるので、【サイキック族】ならば(1)の効果度外視でも採用が検討できるだろう。

  • このカードが紹介されたTCGの公式ブログでは「砂漠の惑星の軌道上で誇り高き戦士が邪悪なる軍勢の手から逃れた…」といった意味の一文が添えられている。
    • 「スター・ウォーズ」側の元ネタは、劇中で主人公を導くジェダイの騎士であろう。
      緑色の肌に尖った耳を持つ点は「ヨーダ」、白い着物のような服の上に茶色の外套を羽織っている点は「オビ=ワン・ケノービ」がモデルと思われる。
    • 「オズの魔法使い」側の元ネタは、善い魔女「グリンダ」だろう。
      原作ではドロシーが故郷へ帰る方法を問うために最後に会いに行く南の魔女がグリンダであるが、1939年の映画版ではドロシーが最初に出会う北の魔女がグリンダである。

関連カード

―《Kozmo−グリンドル》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《Kozmo−グリンドル》 モンスター 効果モンスター 星4 光属性 サイキック族 攻1800 守1000 Kozmo

広告