Kozmo(コズモ)−フォアランナー/Kozmo Forerunner》

効果モンスター
星7/光属性/機械族/攻2800/守1400
(1):このカードは相手の効果の対象にならない。
(2):自分スタンバイフェイズに発動する。
自分は1000LP回復する。
(3):このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキからレベル6以下の「Kozmo」モンスター1体を特殊召喚する。

 EXTRA PACK 2016で登場した光属性機械族最上級モンスター
 最上級Kozmo共通の永続効果自分スタンバイフェイズライフ回復する誘発効果機械族Kozmo共通の誘発効果を持つ。

 (1)の効果対象をとる(指定する)効果に対する耐性
 高い攻撃力《オネスト》に対応する光属性である事から戦闘にも強く、簡単には除去できない。
 仮に《ブラック・ホール》等で破壊されたとしても今度は後述のリクルート効果発動するため、完全な除去には対象をとらず且つ破壊を介さない手段が必要になる。

 (3)の効果破壊され墓地へ送られた場合に発動するリクルート効果
 戦闘効果による破壊の両方に対応している上に機械族Kozmoはほぼ全て同様のリクルート能力を備えているため、複数回の除去を受けてもモンスターを残しやすい。
 自分カードで能動的に破壊を狙ってもよく、強化により1ターンキルを狙いつつ自身の効果自壊による損失を軽減できる《リミッター解除》は特に相性が良い。
 除外したこのカード《Kozmo−エメラルドポリス》《救援光》で回収でき、残った《Kozmo−ドロッセル》等から再びフィールドに戻ることも可能。
 破壊以外の除去には無力だが、Kozmoのコンセプト上除外手札へのバウンスならばそれほど痛手にならない。

 耐性最上級Kozmoリクルート効果《Kozmo−ダークエクリプサー》《Kozmo−ダークプラネット》を除いた機械族Kozmoが共通して持っている。
 サイキック族Kozmo効果でこれらを素早く展開し、2つの特性による高い制圧力と戦線維持力で相手を圧殺するのがKozmoの基本戦略である。
 ただし耐性を持った大型モンスターの常として、《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》には一方的に殴り倒されてしまうので過信は禁物。
 機械族の天敵である《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》にも滅法弱く、機械族Kozmoを複数体展開していた場合は大きな損失を被る事になる。
 場合によっては《Kozmo−エナジーアーツ》《激流葬》等で相手モンスターを巻き込みつつ自ら破壊し、苦手とする除去を未然に防ぐのも手の一つ。

 このカードの固有効果として、自分スタンバイフェイズ発動するライフ回復効果を持つ。
 タイミングはやや遅いが、サイキック族Kozmo効果相手ターン特殊召喚すれば次のターンには回復できる。
 (1)の耐性によりフィールドに維持しやすく、相手が対処に手間取ればそれだけライフ回復する機会も増えてくる。
 サイキック族Kozmo及びKozmo魔法・罠カードはいずれもライフコストを要する効果を持つため、それをカバーできる点でも地味ながら有用。
 回復効果抜きに考えても《Kozmo−ダークシミター》リクルートできる最高打点なので、Kozmoを中心としたデッキなら必ず採用したい。

  • TCGの公式ブログによると、フォアランナーは銀河で最もよく知られている重火器、超光速移動能力、小型船の発着場を効果的に組み合わせた宇宙船で、貿易交渉やVIPの安全かつ快適な輸送を内密に行うのに最も優れているらしい。
    • その銀河における知名度を示すかのように、そのカード紹介記事のタイトルは「君はフォアランナーを知らないのか?(You’ve Never Heard of the Forerunner?)」というタイトルであった。
      このタイトルは『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』における「ミレニアム・ファルコンを知らねえのか?(You've never heard of the Millennium Falcon?)」というセリフのパロディであり、Kozmoの元ネタのひとつとされる映画『スター・ウォーズ』シリーズとの繋がりを感じさせる。

関連カード

イラスト関連

―《Kozmo−フォアランナー》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《Kozmo−フォアランナー》 モンスター 効果モンスター 星7 光属性 機械族 攻2800 守1400 Kozmo

広告