(ネオスペーシアン)・エア・ハミングバード/Neo-Spacian Air Hummingbird》

効果モンスター
星3/風属性/鳥獣族/攻 800/守 600
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動できる。
自分は相手の手札の数×500ライフポイント回復する。

 STRIKE OF NEOSで登場した風属性鳥獣族下級モンスター
 ネオスペーシアンの一体であり、相手手札枚数に比例して自分ライフ回復する起動効果を持つ。
 《E・HERO ネオス》コンタクト融合する事で《E・HERO エアー・ネオス》となる。

 相手手札は基本的には2枚くらいは残っている場合が多く、単体でも1000以上のライフゲインを見込める。
 さらに起動効果であるため即効性も高く、低ステータスなので対応するサポートカードも多い。

 《光の護封剣》《和睦の使者》で凌いだり、各種ロックカードで守れば、安定して回復できる。
 ライフ回復することに意味があるデッキ、例えば【キュアバーン】や、ライフコストを使うカードを多用するデッキでは活躍が期待できる。
 また、《ブラック・ガーデン》からの蘇生に対応しているのも利点である。
 一度だけ回復効果を使用し、《ゴッドバードアタック》《風霊術−「雅」》相手カードごと吹き飛ばしてしまうのも有効である。

 コンタクト融合体の中でもアドバンテージを得やすい《E・HERO エアー・ネオス》《E・HERO ストーム・ネオス》融合素材であるため、【コンタクト融合】には優先的に投入される。
 ただし、《E・HERO エアー・ネオス》ライフが少ないほど攻撃力が上がるため、相性が悪い。
 もっとも、仕留められなかった場合のリカバリーや《神の警告》などのライフコストを捻出させる事もできるので、場合によっては役に立つ。

  • 「ハミングバード」とは、ハチドリのこと。
    花の蜜を常食する世界最小クラスの鳥類である。
    しかしこのモンスターの姿はハチドリとは似ても似つかず、サイズもネオスペーシアンの中では長身の方である。
  • 回復効果を使用した際は相手手札1枚1枚から大きな花が生え、その花から蜜を吸うことでコントローラーライフ回復させる演出がある。
    引き締まった身体を持つ鳥人の容姿をしているこのモンスターが、バタバタと飛び回りながら蜜を吸っているところは少々シュールな光景である。
  • アニメでのイラストは背景が少々異なり、右翼が開いていた。
    後にOCG版のカードとなっている。

関連カード

―《N・エア・ハミングバード》の姿が見られるカード

―ハチドリのモンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《N・エア・ハミングバード》 効果モンスター モンスター 星3 風属性 鳥獣族 攻800 守600

広告