NEXT(ネオスペースエクステンション)

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
自分フィールドにカードが存在しない場合、このカードの発動は手札からもできる。
(1):自分の手札・墓地から「N(ネオスペーシアン)」モンスター及び「E・HERO ネオス」を
任意の数だけ選んで守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
この効果で特殊召喚したモンスターが自分フィールドに表側表示で存在する限り、
自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 SAVAGE STRIKEで登場した通常罠
 特定条件下で手札から発動でき、自分手札墓地からネオスペーシアン《E・HERO ネオス》を任意の数だけ特殊召喚する効果を持つ。

 ネオスペーシアン《E・HERO ネオス》を複数特殊召喚可能だが、「守備表示限定で効果無効」「同名カードは1枚まで」「特殊召喚したモンスターがいる間、エクストラデッキからは融合モンスター以外特殊召喚不可」と多くの制限が課せられている。

 そのため、コンタクト融合への布石として利用するのが主となるだろう。
 アドバンス召喚ならば制限に引っ掛からないため、三幻神などに繋げるのも有効である。
 また、十分な爆発力を得るためには墓地を肥やすのが必須となるので、《コンバート・コンタクト》《ネオス・フュージョン》等と併用したい。
 大量展開に成功すれば《スペーシア・ギフト》による大量のドローも狙えるようになる。

 罠カードだが、自分フィールドカードが存在しなければ手札から直接発動可能となる。
 劣勢から切り返しや《ブラック・ローズ・ドラゴン》等によるリセット後の立て直しが行えれば理想的である。
 《E・HERO マグマ・ネオス》などの効果フィールドががら空きになった場合に使うのも手。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:《マジカルシルクハット》モンスターカード扱いになっている時、《E・HERO ゴッド・ネオス》融合素材に「ネオス」と名のついたモンスターとして使うことができますか?
A:いいえ、できません。(18/10/13)


Tag: 《NEXT》 通常罠

広告