No.(ナンバーズ)13 ケインズ・デビル/Number 13: Embodiment of Crime》

エクシーズ・効果モンスター
ランク1/闇属性/悪魔族/攻 500/守 500
レベル1モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
相手フィールド上のモンスターは、全て表側攻撃表示になり、
このターン攻撃可能な場合このカードを攻撃しなければならない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
また、自分フィールド上に「No.31 アベルズ・デビル」が存在する限り、以下の効果を得る。
●エクシーズ素材を持っているこのカードは戦闘及び効果では破壊されない。
●このカードへの攻撃によって発生する自分への戦闘ダメージは代わりに相手が受ける。

 PREMIUM PACK 16で登場した闇属性悪魔族エクシーズモンスター
 相手モンスター表側表示にする誘発即時効果《No.31 アベルズ・デビル》が存在する場合に破壊されない永続効果戦闘ダメージを移し替える永続効果を持つ。

 単体で効果を使用した場合は攻撃を強制する効果となり、自分ターンで使用した場合は表示形式を変更するだけの効果となる。
 単体で使用した後にこのカードフィールドを離れれば攻撃を封じることも可能だが、手間はかかる。
 基本的には、後半の効果適用される《No.31 アベルズ・デビル》との併用が前提となる。

 《No.31 アベルズ・デビル》が存在する場合に破壊耐性を持ち、効果を使用すれば攻撃を強制したうえで戦闘ダメージ相手に移し替えることが可能となる。
 相手モンスターが展開しているところに攻撃を強制できれば大ダメージを与えられることだろう。
 並べるためのリンクモンスターは、《クラスター・ペンデュラム》トークンを素材にしたり、《金華猫》《烏合無象》チェーンして出せる《ミセス・レディエント》が採用しやすいだろう。

 しかし、攻撃を強制する効果フリーチェーンであるため相手の展開が終わってから発動することができるが、相手メインフェイズ終了時に打ったとしてもメインフェイズが続行してしまう。
 また、破壊されないものの、《鳥銃士カステル》などでたやすく除去できてしまうため、いまいち頼りない。
 対策がない状態で相手が展開してくるとは考えづらく、展開する場合は大抵はこれらを除去できるモンスターを出す場合がほとんどだろう。
 他にもメインフェイズ2でモンスターを展開されたりするなど、相手に対策されやすい。

 運用するにはレベルモンスター4体とリンクモンスターが必要で手間がかかり、レベルモンスター3体で出せる《No.54 反骨の闘士ライオンハート》なら自爆特攻から単独で類似効果適用できる。
 こちらは攻撃を強要させることはできても、上記の欠点の都合上、受動的なこれらを活かすことは難しい。

 《ハウスダストン》で場を埋めやすい【ダストン】ならば活躍が期待できるか。

  • 名前の由来は、《No.31 アベルズ・デビル》も含めて考えると、「旧約聖書」に登場するアダムとイヴの息子、カイン(英語読みでケイン)とアベルの兄弟だろう。
    物語中で弟のアベルに嫉妬した兄カインはアベルを騙して殺し、その罪により神にエデンの東に追放された。
    この時、神はカインを殺した者には七倍の復讐があると伝え、誰もカインを殺さないよう印を刻んだ。
    このカード破壊耐性及びダメージを反射する効果は、上記の物語を表現した物と思われる。
  • 漫画版ではモデルの通り対立する事で効果を発揮するが、OCGではむしろ共闘する事で効果を発揮するようになっている。
  • イラストでは、左肩に自身のナンバーである「13」が描かれている。
  • 基本的に《No.13 ケインズ・デビル》と《No.31 アベルズ・デビル》自分相手デッキにいなければ発揮されない効果である。
    そのため、シャドーは策略により凌牙とカイトにわざと負け、それぞれのデッキにこれらを入れさせた。
    なお、強制攻撃効果でも、これらをリリースするなどで止める方法もあったはずなのだが、そのようなことをした様子はない。
    あえてバトルフェイズに入るまでの時間を延ばせば、ライフが0になる前に遊馬のデュエルが終わるまで待つこともできたはずである。
    しかし、それらをした様子がないところを見るに、戦闘以外の行動ができなくなるなど何かしらの制約があったのかもしれない。
    OCGでは当然ながら強制的な特殊召喚はなくなり、2体揃っていれば自分だけでも発揮できるような効果になった。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカード《No.31 アベルズ・デビル》効果を同じターン発動しています。この場合、相手攻撃を行いますか?また、攻撃を行う場合、どちらに攻撃しなければなりませんか?
A:《No.13 ケインズ・デビル》及び《No.31 アベルズ・デビル》コントローラーが、どちらに攻撃するか選択できます。(13/12/25)

Q:相手ターン中に自分フィールド上の《No.13 ケインズ・デビル》が自身の誘発即時効果発動させ、その後戦闘破壊される・バウンスされるなどしてフィールドを離れた場合、相手プレイヤーや別のモンスター攻撃出来ますか?
A:ご質問の場合、《No.13 ケインズ・デビル》の効果適用されている相手モンスター攻撃を行う事ができません。(13/12/29)

Q:このカード誘発即時効果適用した後に出したモンスターも必ず《No.13 ケインズ・デビル》を攻撃しなければならないのですか?
A:いいえ、《No.13 ケインズ・デビル》以外のモンスター攻撃できます。(15/04/16)

Q:効果発動した後にその《No.13 ケインズ・デビル》が裏側守備表示になった場合、相手はその裏側守備表示になった《No.13 ケインズ・デビル》を攻撃しなければならないのですか?
A:はい、裏側守備表示になった《No.13 ケインズ・デビル》を攻撃しなければなりません。(15/05/23)

Q:自分ターン発動する場合、相手フィールドモンスターがすべて攻撃表示であっても発動できますか?
A:いいえ、攻撃表示に変更できるモンスターフィールドに存在しない場合、発動ができません。(16/01/20)


Tag: 《No.13 ケインズ・デビル》 エクシーズモンスター 効果モンスター モンスター ランク1 闇属性 悪魔族 攻500 守500 No.

広告