No.(ナンバーズ)51 怪腕(かいわん)のフィニッシュ・ホールド/Number 51: Finisher the Strong Arm》

エクシーズ・効果モンスター
ランク3/地属性/岩石族/攻2600/守   0
レベル3モンスター×3
(1):このカードは戦闘では破壊されない。
(2):このカードが戦闘を行ったダメージステップ終了時に、
このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
このカードにカウンターを1つ置く(最大3つまで)。
(3):このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時、
このカードにカウンターが3つ置かれている場合に発動できる。
相手フィールドのカードを全て破壊する。

 コレクターズパック−閃光の決闘者編−で登場した地属性岩石族エクシーズモンスター
 戦闘破壊されない永続効果戦闘を行ったダメージステップ終了時に自身にカウンター置く誘発効果カウンターが3つある場合に相手フィールドのカード全てを破壊する誘発効果を持つ。

 (1)の効果戦闘破壊を防ぎつつ(2)の効果カウンターを3つ貯め、(3)の効果相手フィールドカードを全て破壊する、というカードデザインである。
 しかし、真っ当な方法では(3)の効果発動できるのは早くても2ターン後のバトルフェイズ終了時となり、それまでに除去されてしまうことが多いだろう。
 一応、連続攻撃を付与したり《召喚制限−猛突するモンスター》などで攻撃させれば素早くカウンターを貯めることはできる。

 加えて、エクシーズ素材が3体も必要な重いモンスターであり、遅行性の全体除去エクシーズ召喚難度に見合っているとは到底言い難い。
 相手カードが多く存在する状況は全体除去を活かしやすいのだが、このカード効果が通る可能性は低く、対策もできないような状態ならば相手はカードを多く出さないだろう。
 除去目的なら2体素材で速効性のある《幻影騎士団ブレイクソード》なら《機装天使エンジネル》《発条機雷ゼンマイン》の方が使いやすい。
 【岩石族】で使おうにも《ゴルゴニック・ガーディアン》という汎用性の高いエクシーズモンスターが存在し、エクストラデッキの枠的にも優先するのは難しい。

 一応、このカード戦闘破壊耐性エクシーズ素材を必要としないため蘇生帰還に強く、《鬼神の連撃》のようなエクシーズ素材を使うカードを使いやすいのは、他のランク3にはないメリットではある。
 また、永続的な戦闘破壊耐性を持つ唯一の岩石族でもあり、《古代遺跡の目覚め》特殊召喚しつづけてにすることもできる。

 地属性岩石族である点を活かして、《ブロック・ゴーレム》を活用するデッキに採用が検討できるか。
 《RUM−アストラル・フォース》から《CNo.106 溶岩掌ジャイアント・ハンド・レッド》に繋げられ効果発動もできる。

  • フィニッシュ・ホールドとは、プロレス用語でそのレスラーの代名詞とも言える決め技を意味する。
    (なお、ホールドとついているが関節技以外も含む。)
    覆面レスラーのような顔のデザインも含めて、プロレスがモチーフだろう。
    また、3つカウンターを乗せる事で効果発動可能となる点は、プロレスの勝利条件の1つである「ピンフォール」がモチーフになっていると思われる。
    ピンフォールは相手をマットに抑えこんだ状態でレフェリーが3つカウントを数えるとKOとなるルールで、3つのカウントがカウンターと掛けてあるのだろう。
  • 「怪腕」とは、並外れてすぐれた腕力・手腕のこと。
    イラストを見るに、ここでの「怪腕」には「奇怪な腕」と言う意味もあるのかも知れない。
  • イラストでは、右手の拳に自身のナンバーである「51」が描かれている。
    また、意図されたものかは不明だが、このカードの情報が公式Twitter上で公開されたのは5月1日であり、奇しくもこのカードの数字と一致する。

関連カード

収録パック等


Tag: 《No.51 怪腕のフィニッシュ・ホールド》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク3 地属性 岩石族 攻2600 守0 No.

広告