No.(ナンバーズ)57 奮迅竜(ふんじんりゅう)トレスラグーン/Number 57: Tri-Head Dust Dragon》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/炎属性/ドラゴン族/攻 100/守2600
レベル4モンスター×3
このカードが特殊召喚に成功した時、
相手フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。
このカードの攻撃力は、選択したモンスターの攻撃力分アップする。
また、相手フィールド上のカードの数が
自分フィールド上のカードの数より多い場合、
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、
使用していないモンスターカードゾーン
または魔法&罠カードゾーンを1ヵ所指定して発動できる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
指定したカードゾーンは使用できない。

 ※新マスタールールへのルール変更に伴うエラッタに伴い、テキスト内の「モンスターカードゾーン」は「メインモンスターゾーン」と読み替えて使用する。

 コレクターズパック−ZEXAL編−で登場した炎属性ドラゴン族エクシーズモンスター
 特殊召喚時に相手モンスター1体の攻撃力自分攻撃力を上げる誘発効果相手の使用していないメインモンスターゾーンまたは魔法&罠ゾーンを指定する起動効果、指定したカードゾーンを使用不可能にする永続効果を持つ。

 前半の効果は、相手モンスター1体の攻撃力を100上回るため、妨害がなければ相手モンスターを1体以上戦闘破壊できる。
 しかし、単純に高攻撃力を求めたいならば、素材数が少ない《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》で十分なことがほとんどである。
 《奈落の落とし穴》等を回避できる、蘇生等でも効果は使えるなどのメリットはあるが、それ以上に素材の差は大きい。
 こちらは、《エフェクト・ヴェーラー》等で効果無効にされた場合、100という貧弱な攻撃力を晒すことになり、返しのターンで大ダメージを受ける恐れがある。
 他にも素材3体にはライバルが多く、戦闘を介するこのカードより、他のカード除去した方が良い場合がほとんどである。
 このカードを使うのならば、後半の効果を主軸とし、前半の効果はあくまでオマケと考えたい。

 後半の効果は1ターン中の発動回数が制限されていないため、即座に相手メインモンスターゾーンまたは魔法&罠ゾーンを3ヶ所まで使用不可にできる。
 魔法&罠ゾーンに対して使えばペンデュラム召喚を封じられ、速攻魔法罠カードセットできる枚数を抑えられるが、拘束力としては弱いため、基本的にメインモンスターゾーンに対して使うことになるだろう。
 メインモンスターゾーンを3ヶ所封じれば相手は最大2体までしかモンスターを出せず、シンクロ召喚エクシーズ召喚に対してある程度の抑止力となる。
 《地盤沈下》を併用して、相手モンスターを完全に封殺するのも良い。
 《おジャマトリオ》《リバイバル・ギフト》等の相手フィールドトークン特殊召喚する効果を持ったカードを利用して相手モンスターカードゾーンを埋めつつ発動条件を満たすのもよいだろう。
 《ブラック・ガーデン》発動した状態で展開しこのカードエクシーズ召喚すれば最低でも2体はローズ・トークン特殊召喚されるため多くの場合相手モンスターの数の方が多くなる。
 《紋章獣ツインヘッド・イーグル》などでエクシーズ素材を補給していけば、相手のカードゾーンの大半を使用不可にすることもできる。

 ただし、この効果相手フィールドに存在するカード自分フィールドに存在するカードよりも多い場合でしか発動できない。
 相手が場を整える前に発動して行動を抑制するといった使い方は難しく、罠カードなどの危険が伴う状況を強いられるのはネックである。
 このカード除去されれば効力がなくなるのもネックとなる。
 2つ目の効果を主軸としてロックを狙うデッキを組んでも面白いかもしれない。

 他には、《RUM−アストラル・フォース》《エヴォルカイザー・ソルデ》になれる中で唯一素材指定がない。
 あちらは素材が何個あっても困る事はないが、元々事故の可能性があるランクアップの戦術に素材3体のエクシーズモンスターを絡めると動かしくにくくなる可能性もある。
 下級主体の【ドラゴン族】であれば《No.91 サンダー・スパーク・ドラゴン》も採用できるので、併用してみるのもいいか。

  • イラストでは、胴体中央の球体に自身のナンバーである「57」が書かれている。
  • カード名はスペイン語で「3」を意味する接頭辞「トレス(tres)」に、攻撃力をコピーする効果から「トレース」を掛け、「ドラグーン」と合わせたものだろうか。
    本来「ドラグーン」は「竜騎兵」を意味する単語なのだが、OCGでは裁きの龍(ジャッジメント・ドラグーン)の様に竜そのものを指す言葉として用いられる事も多い。
    「奮迅」は激しくふるい立つことを意味する単語であるが、英語名を見るに「粉塵(Dust)」と掛けられた表現だろう。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中に特殊召喚した時にこのカードの効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(13/08/19)

Q:指定したカードゾーンを使えなくする効果対象をとる効果ですか?
A:発動時にカードゾーンを指定しますが、対象をとる効果ではありません。(14/06/12)


Tag: 《No.57 奮迅竜トレスラグーン》 エクシーズモンスター 効果モンスター モンスター ランク4 炎属性 ドラゴン族 攻100 守2600 No.

広告