No.(ナンバーズ)67 パラダイスマッシャー》

エクシーズ・効果モンスター
ランク5/光属性/天使族/攻2100/守2100
レベル5モンスター2体以上
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズ1に
このカードのX素材を2つ取り除いて発動できる。
お互いにサイコロを2回ずつ振る。
出た目の合計が大きいプレイヤーは、次のターン終了時まで
モンスターの効果を発動できず、攻撃宣言できない。
(2):X素材を持ったこのカードがモンスターゾーンに存在し、
自分または相手がサイコロを振った場合、
1ターンに1度だけその内1つの目を7として適用できる。

 COLLECTORS PACK 2018で登場した光属性天使族エクシーズモンスター
 お互いサイコロを2回振って合計値が大きいプレイヤーモンスター効果の発動攻撃を封じる起動効果サイコロの出目の1つを7にする永続効果を持つ。

 (1)はサイコロの出た目の高かったプレイヤーモンスター効果攻撃宣言を制限する効果
 モンスター効果発動攻撃宣言の抑止はなかなか拘束力が高く、特にモンスター効果による除去や展開に依存している場合は絶大な効力を発揮する。
 しかし運次第では自分自身の首を絞めかねず、使うなら(2)の効果《出たら目》といったサポートの併用が前提にした方がいいだろう。
 (2)の効果を併用すれば引き分ける確率が4.2%程度、負ける確率は3.8%程度になるので戦術に組み込みやすい。

 (2)はサイコロの出目を7に変更する効果
 サイコロカードはルールで規定されている6面のサイコロを使用し1〜6の目が出ることを前提に調整されているため、出目を通常ありえない7に変更することで、本来の想定を超えた効果適用が可能となる。
 しかし、サイコロを用いるカードには《ゴッドオーガス》のような出たサイコロの目の種類に応じた効果を決定するカードが多い。
 それらは基本的にそもそも7の目の場合の処理が規定されていないため、7の目に変更しても単に何も起こらないだけになってしまい、特定の効果を得るためのサポートカードとしては機能しない。
 出た目の大きさに比例して効果も強化されるサイコロカードなら意味はあるが、そういったカードはほとんど「出目×100ポイント」など倍率が低く、劇的な効果を得られない。
 《No.7 ラッキー・ストライプ》のみ攻撃力4900が保証されるが、このカードと並べるのは困難な上、出目の合計が7の場合のボーナス効果とは両立できない。
 《出たら目》でサポートできない《デンジャラスマシン TYPE−6》《No.85 クレイジー・ボックス》は、不利な出目が出た場合にこの(2)の効果効果を無くしてしまうことができるが、良い効果を得られる訳でもない。
 逆に相手がそれらのカードを使ってきた場合にはメタカードとして機能するが、そもそも使ってくる可能性は低い。
 数少ないギャンブル確率に介入できるカードには違いないが、現状では(2)の効果で有利にできるサイコロカードは多くないのが実情である。

 【ギャンブル】に採用するならば、(1)の効果狙いで利用することになるだろう。
 ただ、サイコロを振る効果を持つレベルモンスターが存在しないため、このカードをどうやってエクシーズ召喚するかが問題となる。
 このカードエクシーズ召喚するためにレベルモンスターサポートカードを増やすと、今度は肝心のギャンブルカードドローする確率が下がる本末転倒な結果になりかねないため、デッキの構築難易度は高い。
 1ターン限りの使い捨てとなるが、エクストラデッキを余り使わない構築ならば《No.78 ナンバーズ・アーカイブ》特殊召喚するのも手か。

 エクシーズ素材が3つ以上あれば(1)の効果発動した上で(2)の効果を使い勝つ可能性を上げることができる。
 基本的には、ランク5を扱うデッキでこの使い方をするのがメインとなるだろう。
 レベル5×3体の重いエクシーズ素材を必要とするが、高い抑止能力を持つため狙う価値はある。
 状況によっては、2体のみで運に任せて(1)を発動するのも選択の一つ。
 《グローリアス・ナンバーズ》などを駆使して出した後にエクシーズ素材を増やすというのも検討できる。

  • (2)の効果の処理には、気をつける点が1つ。
    《天使のサイコロ》のような出目が7でも問題ない効果ならその通りに処理するが、《闇の支配者−ゾーク》のようにテキストに「7が出た場合の処理」が存在しない効果の場合は何も処理をしない事となる。
    逆に言うと、7の場合の処理がない効果については、自分に不都合な目が出た場合に適用する事で、事実上不発にするという事もできる。
    (正確には「何も処理がない」効果に変更するのであり、「処理が存在するが適用できないので何もしない」不発とは異なる)
  • イラストでは、赤銅色の筋骨隆々とした仁王のようなモンスターが、頭部の部分が2つに割れたサイコロのようになっているハンマーを振りかぶっている。
    足首や耳部分の装飾がなければ、まず先に戦士族が想起されるようなデザインである。
    また、左足の裏側に自身のナンバーである「67」が描かれている。
    足の裏はアニメでは見えないことが普通なので、この位置に数字が書かれているのはOCG出身のNo.だからこそできたと言えるかもしれない。
    (アングルを工夫するなどすれば不可能というわけではない。)
  • カード名は「パラダイス(楽園・天国)」「パラ-(平行の、を意味するパラレルの略であり、転じて分かれている物を指すこともある)」「ダイス(サイコロ)」と「マッシャー(Masher:潰す人)」もしくは「スマッシャー(Smasher:粉砕する人)」を掛け合わせたものか。
    戦士族のような姿でありながら天使族となっているのは、「パラダイス」が由来だろう。
  • 攻守ともに2100なのは、六面体ダイスの出目の合計が21になる事に由来すると思われる。
  • ちなみに、上記のエピソードで行われた罰ゲームは対象の視覚をモザイク状態にしてしまう「モザイク幻想」であった。
    (1)の出目比べによりプレイヤーに課せられるモンスター効果攻撃宣言の制限は、この罰ゲームを再現したものなのかもしれない。

関連カード

収録パック等


Tag: 《No.67 パラダイスマッシャー》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク5 光属性 天使族 攻2100 守2100 No.

広告