No.(ナンバーズ)70 デッドリー・シン/Number 70: Malevolent Sin》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/昆虫族/攻2400/守1200
レベル4モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを次の相手スタンバイフェイズまで除外する。
(2):このカードが攻撃したダメージステップ終了時に発動できる。
このカードの攻撃力は300アップし、ランクは3上がる。

 PREMIUM PACK 19で登場した闇属性昆虫族エクシーズモンスター
 相手モンスターを次の相手スタンバイフェイズまで除外する起動効果攻撃後のダメージステップ終了時に自身の攻撃力ランクを上げる誘発効果を持つ。

 (1)の効果相手モンスターを一時的に除外する効果
 しかし、同じ縛りの無いランク4の《鳥銃士カステル》《No.101 S・H・Ark Knight》は完全除去ができるため除去目的での採用は厳しい。
 相手モンスターが1体だけならば攻撃力2400の直接攻撃が可能となるが、《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》ならば2500の戦闘ダメージを与えた上で高打点で居座れる。
 上記のモンスターに比べ裏側守備表示モンスターに関与できるのはメリットだが、如何せん限定された使い方になるのは否めない。
 モンスター除去を行い安全に攻撃し、(2)のサポートを行うのが基本的な使い方となるか。

 (2)の効果攻撃後に自身の攻撃力ランクを上げる効果
 上がるタイミングがダメージステップ終了時のため、肝心の1回目の攻撃力は2400のままであり、攻撃力の高いモンスターが存在すると攻撃しにくい。
 この効果を2度使えば攻撃力3000となるが、現環境で2ターンに跨ってこの効果の発動を狙うのは遅いと言わざるを得ない。

 いずれも単体性能で秀でているとは言い難いので、このカードを使用する場合は他のカードとのコンボが基本となる。
 (1)の効果に必要なエクシーズ素材が1つであるため、1体を除外した後に《鬼神の連撃》と併用すれば攻撃力2400と2700の2回攻撃となり、最大で5100のダメージを与えられる。
 メインフェイズ2にはランク10の攻撃力3000となっており、そのまま《No.77 ザ・セブン・シンズ》に繋げることも可能である。

 昆虫族ランク4としては縛りが無い初のモンスターなので、【昆虫族】では戦術を広げる一環となる。
 《電子光虫−コアベージ》とのセット採用もやりやすいと言える。
 《光虫信号》《RUM−アストラル・フォース》を使用すれば《甲虫装機 エクサビートル》に繋がるのでそちらの用途を目的にしてみてもいい。
 また、一時的ながらも除去効果を持つ闇属性ランク4なので【幻影騎士団】では候補になり得る。

  • 「デッドリー・シン(deadly sin)」とは「大罪」の意味である。
    漫画版で八雲が使用した他のNo.の存在を考えると七つの大罪を示唆するものであろう。
    • 一方、英語名の「Malevolent」とは「悪意のある、他人の不幸を喜ぶ」といった意味を持つ。
      後述の通り、漫画版ではこのカードの影響で八雲は悪意を持って他者を踏みにじる性格へと変貌しており、そのことを意識したネーミングなのかもしれない。
  • イラストでは、腹部の左側に自身のナンバーである「70」が描かれている。
  • その正体は全ての元凶であるe・ラーが8枚の白紙のNo.とは別に八雲に与えたNo.である。
    とある事情により世界に絶望していた八雲だったが、このカードの闇の力により世界を滅ぼすために行動を始める。

関連カード

―蜘蛛をモチーフとするカードの一覧は《蜘蛛男》を参照。

収録パック等


Tag: 《No.70 デッドリー・シン》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク4 闇属性 昆虫族 攻2400 守1200 No.

広告