No.(ナンバーズ)89 電脳獣(でんのうじゅう)ディアブロシス/Number 89: Diablosis the Mind Hacker》

エクシーズ・効果モンスター
ランク7/闇属性/サイキック族/攻2800/守1200
レベル7モンスター×2
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
相手のEXデッキを確認し、その内の1枚を選んで裏側表示で除外する。
(2):このカードが戦闘でモンスターを破壊したバトルフェイズ終了時、
相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを裏側表示で除外する。
(3):相手のカードが裏側表示で除外された場合に発動できる。
裏側表示で除外されている相手のカードの数だけ、
相手のデッキの上からカードを裏側表示で除外する。

 COLLECTORS PACK 2017で登場した闇属性サイキック族エクシーズモンスター
 相手カードをそれぞれエクストラデッキ墓地デッキから裏側表示で除外する3種類の効果(それぞれ起動効果誘発効果誘発効果)を持つ。

 (1)の効果は、自身のエクシーズ素材を消費し、相手エクストラデッキカード1枚を裏側除外する効果
 ピーピングを行った上で脅威になり得るモンスター特殊召喚される前に除外でき、(3)の効果とも連動性があるが、主力は複数枚積まれている事が多くこのカードだけでは対処しきれない。
 起点となる制限カードリンクモンスターなどを潰す事で、展開経路を狭めるような戦術効果を期待したい。

 エクストラデッキモンスターは正規の方法で特殊召喚される前に他の場所へ移動させられると再利用が困難である。
 相手エクストラデッキに干渉できるカードは未だ貴重なので、ランク7の選択肢の一つとしてはありだろう。
 エクストラデッキ破壊要員なら枚数で勝る《轟雷帝ザボルグ》《真竜皇リトスアジムD》も存在するが、これらとはそもそも活躍できるデッキが異なるのでそこまで気にはならない。

 (2)の効果は、自身が相手モンスター戦闘破壊後に相手墓地カード裏側除外する効果
 自身の攻撃力が2800と高く、発動条件を満たすのは容易い。
 ただし戦闘を介する必要があるため、攻撃反応型罠カードには注意が必要である。

 (3)の効果は、相手カード裏側除外された場合にデッキ破壊裏側除外で行う効果
 自身の効果相手カード裏側表示で除外できるため、こちらも発動は容易。
 参照するのは相手裏側除外枚数であり、(1)と(2)の効果を複数回発動できればこちらの除外枚数も比例して増加する。
 デッキ破壊のタイプとしては非常に上質で、発動時に自らのデッキ裏側表示で削る《強欲で貪欲な壺》《トゥーン・キングダム》にとっては天敵とも言える効果である。
 特に前者は汎用性・採用率共に高く、一度にデッキアドバンテージを20枚以上も失うため実質発動を封じられたも同然の状態になる。

 手段は限られているが、(1)(2)の効果に加えて相手ターンでも裏側除外効果発動させることができれば、除外枚数はさらに増える。
 特に《光の封札剣》は状況を選ばずに使えるためトリガーにしやすく、ハンデスと合わせて相手の戦略を大きく狭められる。

 難点はランク7という決して軽くないモンスターにも関わらず、フィールドに干渉できる効果を一切持たない事。
 幸い、同じランク7にはフィールドへの干渉力が高い《No.11 ビッグ・アイ》《幻獣機ドラゴサック》が存在するため、フィールドはそちらに任せられる。
 こちらは「相手カードを再利用困難にする」という性質を活用し、状況打破ではなく相手の行動の選択肢を潰す、所謂ダメ押しの一手として有効なカードと言える。
 《拮抗勝負》とは相性が良く、あちらがフィールドカード除外するので、このカードの弱点を補い、あちらの使用後にこのカード特殊召喚すれば、デッキからさらに除外してダメ押しが効く。
 《百万喰らいのグラットン》《No.78 ナンバーズ・アーカイブ》コンボ特殊召喚するのも一つの手で、《百万喰らいのグラットン》効果トリガーに(3)の効果発動でき、このカードの効果であちらの自己強化に繋がる。

  • イラストでは、右の翼に自身のナンバーである「89」が書かれている。

関連カード

裏側表示除外するカード裏側表示を参照。

収録パック等


Tag: 《No.89 電脳獣ディアブロシス》 エクシーズモンスター 効果モンスター モンスター ランク7 闇属性 サイキック族 攻2800 守1200 No.

広告