ROM(ロム)クラウディア/ROM Cloudia》

効果モンスター
星4/闇属性/サイバース族/攻1800/守    0
(1):このカードが召喚に成功した時、
「ROMクラウディア」以外の自分の墓地のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「ROMクラウディア」以外のレベル4以下のサイバース族モンスター1体を特殊召喚する。

 ストラクチャーデッキ−サイバース・リンク−で登場した闇属性サイバース族下級モンスター
 召喚成功時にサイバース族サルベージする誘発効果破壊された場合にレベル4以下のサイバース族リクルートする誘発効果を持つ。

 (1)は、召喚に成功した時にサイバース族モンスターサルベージできる効果
 《レイテンシ》効果発動させることができ、召喚権は使うがモンスター2体を展開できてリンク召喚に繋げれば手札消費も0となる。
 また《バックアップ・セクレタリー》も、サルベージ後に即座に手札から特殊召喚ができる。
 手札の自身をコード・トーカーリンク素材にできる《マイクロ・コーダー》《コード・ラジエーター》も有力候補。
 特に《マイクロ・コーダー》はこのカードと相性が良い《サイバネット・オプティマイズ》サーチでき、条件を満たせばこのカード自体もサーチできる。

 この効果には回数制限がないので、《サイバネット・オプティマイズ》《バランサーロード》効果を利用すれば複数回効果発動できる。
 このカード通常召喚して効果発動した後、サルベージしたサイバース族を上記のカード召喚するのも有効。

 (2)は、戦闘効果破壊された場合のリクルート効果
 同名カードリクルートすることはできないが、サイバース族下級モンスターならば数値の指定がないため幅広いモンスター特殊召喚でき戦線を維持できる。
 《炎王の孤島》などで手札から破壊することでフィールドに出すことなくリクルート効果を使用可能。
 《バランサーロード》リクルート召喚権を増やしたり、《RAMクラウダー》を出し、墓地サイバース族蘇生に繋ぐなどの動きができる。
 この効果にも回数制限がないので、《連鎖破壊》を使えばサイバース族2体をデッキから特殊召喚可能。

  • カード名のROMとはRead Only Memory(リードオンリーメモリ)の略であり、読み出し専用の記憶装置のことである。
    クラウディアはヨーロッパ系の女性名で、「クラウドコンピューティング」のクラウドともかかっていると思われる。
    効果は2つとも、名前に関連性の見られる《RAMクラウダー》に対応している。
  • 第45話においては、Aiの語ったサイバース世界のイメージにてこのモンスターが登場している。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ROMクラウディア》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 サイバース族 攻1800 守0

広告