RR(レイド・ラプターズ)−コール/Raidraptor - Call》

通常魔法
「RR−コール」は1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、自分は「RR」モンスターしか特殊召喚できない。
(1):自分フィールドの「RR」モンスター1体を対象として発動できる。
その同名モンスター1体を手札・デッキから守備表示で特殊召喚する。

 ブースターSP−ウィング・レイダーズ−で登場した通常魔法
 RR以外の特殊召喚を封じる代わりに、自分フィールドRR同名カード1体を特殊召喚する効果を持つ。

 フィールドRR同名カード1体をリクルートでき、そのままエクシーズ召喚に繋ぐことができる。
 《RR−バニシング・レイニアス》等とは相性が良く、効果を続けて発動できれば大きく展開できる。
 逆にそれ自体が自己特殊召喚要員の《RR−シンギング・レイニアス》等では効率が悪いため、選択するRRはある程度限定される。
 中でも、エクシーズ素材に使用しなければ意味をなさないが展開が難しい《RR−スカル・イーグル》を運用する場合ほぼ必須サポートとなる。
 《RR−スカル・イーグル》でのサルベージに対応するので、繰り返しの利用も可能ではある。

 しかし、発動ターン中は《RR−ファジー・レイニアス》などと同様、RR以外を一切特殊召喚できないデメリットがある。
 展開力が上がる一方で、ランク4主体の場合はエクシーズ召喚できるのは《RR−フォース・ストリクス》《RR−ライズ・ファルコン》《RR−ブレード・バーナー・ファルコン》の3択となってしまう。

 《RR−ミミクリー・レイニアス》を複数展開することで《RR−エトランゼ・ファルコン》に繋ぎ、その上に《RR−レヴォリューション・ファルコン−エアレイド》を重ねて効果を使うことができるが、RUMも必要となる。

 RR以外のエクシーズモンスターを優先している場合はモンスター1体分の展開よりもデメリットの方が際立ってしまう。
 採用する場合、RRエクシーズモンスターを中心としつつ、RUMによるRRの進化や、速攻魔法RUMによる相手ターンエクシーズ召喚を見据えたランク配分を意識したい。

 RRリクルートできるカードは他に《スワローズ・ネスト》が存在する。
 こちらが同名カード特殊召喚で展開力を上げるのに対し、あちらはデメリットが無くその場面で必要なモンスターに入れ替え安定性を上げられる。
 こちらはやはりRUM前提のRRを中心として採用することになる。
 ただし、《RR−フォース・ストリクス》エクシーズ召喚したいのであれば、《スワローズ・ネスト》《RR−トリビュート・レイニアス》リクルートするだけでも良い。

関連カード

効果関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《RR−コール》 魔法 通常魔法 RR

広告