RR(レイド・ラプターズ)−ブレード・バーナー・ファルコン/Raidraptor - Blade Burner Falcon》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/鳥獣族/攻1000/守1000
鳥獣族レベル4モンスター×2
(1):自分のLPが相手より3000以上少なく、
このカードがX召喚に成功した場合に発動できる。
このカードの攻撃力は3000アップする。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時、
このカードのX素材を任意の数だけ取り除いて発動できる。
取り除いたX素材の数だけ、相手フィールドのモンスターを選んで破壊する。

 コレクターズパック−閃光の決闘者編−で登場した闇属性鳥獣族エクシーズモンスター
 特定条件でエクシーズ召喚に成功した場合に攻撃力を上げる誘発効果戦闘破壊した時に相手モンスター破壊する誘発効果を持つ。

 (1)の効果により、3000以上のライフ差があれば攻撃力4000のアタッカーとなる。
 相応のライフ差が必要なので発動機会は限られ、能動的な発動を狙うのならばライフコストを要するカードとの併用が望ましい。
 しかし、相手《神の宣告》など高いライフコストを支払うカードを多く積んでいることも少なくないため、発動は狙いやすいとは言えない。
 打点目的であれば縛りのない《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》につながる《No.39 希望皇ホープ》などが優先される。
 鳥獣族に限らせても、同じ縛り無効効果持ちの《零鳥獣シルフィーネ》も相応の打点になりやすい。

 (2)の効果により、戦闘破壊と合わせて最大3体の除去が可能となる。
 元々の攻撃力が低いため、基本的には(1)の自己強化が前提となり、発動できない場合は戦闘サポートが必要になる。
 《月鏡の盾》を併用すれば(1)の効果を使えずとも確実な戦闘破壊を狙える。

 縛り自体は鳥獣族のみなので、【BF】【ハーピィ】でもエクシーズ召喚はできるが、上記の通り活かせる場面が非常に限られてるため、使いづらい。
 よって、《RR−コール》《RR−ファジー・レイニアス》デメリットRR以外特殊召喚できない状況でも使える【RR】での使用が主になる。
 (1)の効果発動条件であるライフ差3000は厳しいが、《RR−ペイン・レイニアス》《RUM−ソウル・シェイブ・フォース》《RR−レディネス》自分ライフポイントに関してはある程度の調整が効く。
 ただし、相手ライフが減っていると効果は活かせないため、序盤に使って3000以上の差をつけてからこのカードを使うことになる。

 状況を選ぶ効果のため、【RR】においても多くの場合は単純にアドバンテージを稼げる《RR−フォース・ストリクス》が優先される。
 2体のレベルRRエクシーズ召喚できる4枚目以降のRRエクシーズモンスターとしてなら採用を考えられるか。
 劣勢時に活かせる効果なので、1枚採用しておけば役立つこともあるだろう。

  • ブレードとは刃という意味であり、バーナーは燃やす装置である。
    漫画での台詞を察するに、発火装置という意味も取れ、このカード攻撃力の大幅アップもそれを意識しているのだろうか。

関連カード

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:エクシーズ素材を2つ取り除いてこのカードの(2)の効果発動した場合《大革命返し》発動できますか?
A:はい、発動できます。(16/05/15)


Tag: 《RR−ブレード・バーナー・ファルコン》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ ランク4 闇属性 鳥獣族 攻1000 守1000 RR

広告