RUM(ランクアップマジック)−クイック・カオス/Rank-Up-Magic Quick Chaos》

速攻魔法
(1):「CNo.」モンスター以外の自分フィールドの「No.」Xモンスター1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターよりランクが1つ高く、同じ「No.」の数字を持つ「CNo.」モンスター1体を、
対象のモンスターの上に重ねてエクストラデッキからX召喚する。

 コレクターズパック−伝説の決闘者編−で登場した速攻魔法
 RUMの1枚であり、CNo.以外のNo.エクシーズ素材として、ランクが1つ高く同じNo.の数字を持つCNo.エクシーズ召喚する効果を持つ。

 No.限定のRUMだが、速攻魔法であるためサクリファイス・エスケープ特殊召喚による追撃を行えるメリットがある。
 また、《CNo.101 S・H・Dark Knight》のように耐性自己再生効果を持つモンスターサクリファイス・エスケープで呼べば破壊の回避も狙える。
 《CNo.106 溶岩掌ジャイアント・ハンド・レッド》等は呼び出すタイミングこそ選ぶが、相手ターンに呼び出し妨害する動きも可能。

 しかし、選択できるのはNo.のみ、呼び出せるのも同じ数字のCNo.のみであるため、使用する場合はデッキ構築が制限される。
 汎用性や場面に応じた対応力で見れば、通常魔法であるものの《RUM−リミテッド・バリアンズ・フォース》《RUM−アージェント・カオス・フォース》が勝る。
 こちらは速攻魔法のため一応の使い分けはできるが、対応する数字の組み合わせをエクストラデッキに優先する必要性を考えると、あちらの利点を損なうこともある。

 また、バトルフェイズ中に特殊召喚して追撃する用途があるものの、有効活用できるCNo.は限定される。
 CNo.の多くは誘発効果持ちであり、バトルフェイズ特殊召喚しても効果を使えるものが多い。
 しかし、1体目の攻撃を通せない状況では他のRUMとそれほど差がない。
 起動効果除去効果を持つCNo.は、メインフェイズ特殊召喚して使用した方が、結果的に有利な場合も多い。
 CNo.39ZWサポートなども、その戦闘では受ける事が出来ない。
 よって、こちらの用途はあくまで補助的な使い方と考え、サクリファイス・エスケープ等をメインとして使っていくのが良いだろう。
 通常魔法RUMと併用も意識しつつ、進化前後ともに扱いやすい組み合わせを狙って採用したい。

 エクシーズ召喚先がある程度固定されるが爆発力が高い【希望皇ホープ】では扱いやすいRUMとなる。
 《RUM−リミテッド・バリアンズ・フォース》など他のRUM希望皇ホープへの除去の弱さを助長させるが、このカードならばサクリファイス・エスケープができるのでデッキの動きを途切れさせにくい。
 バトルフェイズに使って《エフェクト・ヴェーラー》を回避しつつ《CNo.39 希望皇ホープレイ・ヴィクトリー》の一撃を叩き込む事が可能。
 条件は「CNo.以外のNo.」なので、《No.39 希望皇ホープ》《SNo.39 希望皇ホープONE》と重ねた場合にも有効である。
 ただし、速攻魔法故に《SNo.0 ホープ・ゼアル》エクシーズ召喚に使用できず、チェーン2以降の特殊召喚では《エクシーズ・チェンジ・タクティクス》ドローできない。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:従来のRUMと異なり、「エクシーズ召喚扱いとして特殊召喚する」ではなく「X召喚する」というテキスト表記となっています。
  類似テキストを持つ《高等紋章術》のように、この効果によるエクシーズ召喚《昇天の黒角笛》などで無効にする事はできますか?
A:できません。他のRUMと同様に、効果処理中に特殊召喚が行われます。(14/05/19)

Q:相手モンスター攻撃宣言時に自分がこのカード発動した場合、自分フィールドモンスターの数は変化していませんが、バトルステップの巻き戻しは発生しますか?
A:はい、新たにモンスター特殊召喚されたのでバトルステップの巻き戻しが発生します。(14/07/26)


Tag: 《RUM−クイック・カオス》 魔法 速攻魔法 RUM

広告