RUM(ランクアップマジック)−バリアンズ・フォース/Rank-Up-Magic Barian's Force》

通常魔法
自分フィールド上のエクシーズモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターと同じ種族でランクが1つ高い
「CNo.」または「CX」と名のついたモンスター1体を、
選択したモンスターの上に重ねて
エクシーズ召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
その後、相手フィールド上にエクシーズ素材が存在する場合、
相手フィールド上のエクシーズ素材1つを、
この効果で特殊召喚したエクシーズモンスターの下に重ねてエクシーズ素材とする。

 LORD OF THE TACHYON GALAXYで登場した通常魔法
 RUMの1枚であり、特定のエクシーズモンスターエクシーズ素材にしてエクシーズ召喚する効果と、エクシーズ素材を奪う効果を持つ。

 エクシーズモンスターを1つ上のランクランクアップするRUMの開祖。
 CXCNo.の多くは特定のエクシーズモンスターエクシーズ素材とすることで効果を使用でき、主にそれらの効果を使うために使用するカードである。
 また、効果は制限されるものの種族さえ合っていれば対象とするエクシーズモンスターCXCNo.に記されたカードである必要はない。
 他のカードの効果による自壊攻撃不可といった制約を回避する手段としても利用できる。

 もう1つの特徴として、相手エクシーズ素材を1つ奪う効果がある。
 しかし、エクシーズ素材を複数有する相手では1つだけ奪っても効果を使用不可能にはできず、相手への抑止力にはなりにくい。
 また、エクシーズ素材を奪えても、ほとんどのCXCNo.1ターンに1度しかエクシーズ素材を消費できないため、全てを使い切る前に除去される事が大半である。
 一応、《CNo.106 溶岩掌ジャイアント・ハンド・レッド》《CX 冀望皇バリアン》は、エクシーズ素材が多いほど恩恵を受けやすい。
 もっとも、相手フィールドエクシーズモンスターがいつも存在しているとは限らないため、あくまでオマケの効果と考えたほうが良い。

 問題は、他のRUMと比較してこのカードの効果が大きな優位点になっていないという点である。
 まず《RUM−ヌメロン・フォース》は、CXには対応しない代わりにエクシーズモンスターに限らず複数のカードの効果を無力化できる。
 あちらはエクシーズモンスター除去された場合でも有効であり、永続カードを多用する相手ならそのままフィールドを圧迫させる事もできる。
 単純な比較の上ではあちらの方が効果範囲が広く、影響力も強い。
 また、ランク6以上のCXCNo.ならば種族縛りなく出せる《RUM−アージェント・カオス・フォース》が存在し、ランク5のCNo.も同様に種族縛りが無い《RUM−リミテッド・バリアンズ・フォース》の方が使いやすい。
 そのため、このカードを使う意義は以下のランク5以下のCXを採用する場合に限られる。

 しかし、該当モンスターはいずれも汎用性が低く、総じて他のRUMより優先するのはかなり厳しい。

 RUM全般に言えることだが、エクストラデッキを圧迫しがちであり、なおかつエクシーズ召喚ができない場合は腐る
 素材のエクシーズモンスター自体が除去されたり、対応するモンスターエクストラデッキから尽きた場合も同様である。
 わざわざこのカードを使わなくても、普通のエクシーズ召喚で出せるモンスターだけでも十分対応できる場合も多く、カードを余分に消費してまで使うべきかはよく考えたい。

  • アニメでは以下の効果だった。
    通常魔法
    自分フィールド上のモンスターエクシーズ1体を選択して発動する。
    選択したモンスターよりもランクが1つ高い
    「C(カオス)」と名のついたモンスターエクシーズ1体を、
    自分のエクストラデッキから、選択したモンスターの上に重ねてエクシーズ召喚できる。
    この効果でエクシーズ召喚したモンスターエクシーズは
    「戦闘では破壊されない効果」を無効にする。
    また、相手フィールド上に存在するモンスターエクシーズ1体を選択して発動できる。
    選択したモンスターのエクシーズ素材全てを、
    このカードの効果でエクシーズ召喚したモンスターエクシーズの
    下に重ねてエクシーズ素材とする事ができ、選択したモンスターの攻撃力は、
    このカードの効果で奪われたエクシーズ素材の数×300ポイントダウンする。
  • このカード及び《RUM−リミテッド・バリアンズ・フォース》はバリアン世界のカードであり、本来バリアン世界の住人以外は所持していないとのこと。
    ただし、バリアン世界の住人は「バリアルフォーゼ」で真の姿にならないと使用できず、人間世界では基本的に使用不可となっている。
    そのため、ギラグ・アリトが人間の姿で地上にいた時は、このカードの力で人々を洗脳し、このカードを使用して遊馬と戦わせていた。
    洗脳された人は、額にこのカードに描かれているイラストの紋章が浮かびあがるという、アニメDM「ドーマ編」の《オレイカルコスの結界》と同じ演出が見られた。
  • 「遊馬vsベクター」(2戦目)にてベクターが使用した罠カード《バリアン・ボム》のイラストに描かれている。
  • アニメでの「バリアン」の綴りは「Varian」だった(真月が遊馬に渡したバリアン警察手帳で確認できる)。
    だが、このカード英語名では「Barian」となっている。
  • Dチーム・ゼアルではこうした設定は反映されておらず、普通の魔法カードとして扱われている。
    このため、バリアンの一員であるアリトやナッシュ(凌牙)のみならず、遊馬もこのカードを使用している。

関連カード

収録パック等

FAQ

このカードの裁定に関しては、RUMも参照。

Q:エクシーズ素材を移動する処理は、特殊召喚の処理の後に発生する扱いですか?
A:はい、そうです。そのため移動する処理を行った場合《奈落の落とし穴》発動できません。(13/02/16)

Q:エクシーズ素材を移動する処理は、相手フィールド上にエクシーズ素材が存在する場合、必ず行いますか?
A:はい、必ず行います。(13/02/28)

Q:このカードの効果特殊召喚に成功した時、エクシーズ素材を移動する処理を行わなかった場合、《奈落の落とし穴》発動できますか?
A:はい、発動できます。(13/02/17)


Tag: 《RUM−バリアンズ・フォース》 魔法 通常魔法 RUM

広告