SPYRAL(スパイラル)−ジーニアス/SPYRAL Quik-Fix》

効果モンスター
星1/地属性/機械族/攻 500/守 400
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「SPYRAL GEAR」カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在し、
自分フィールドに「SPYRAL−ダンディ」が存在する場合に手札を1枚捨てて発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 EXTRA PACK 2017で登場した地属性機械族下級モンスター
 召喚・特殊召喚に成功した場合にSPYRAL GEARサーチする誘発効果《SPYRAL−ダンディ》が存在する場合に自己再生を行う起動効果を持つ。

 (1)の効果召喚・特殊召喚に成功した場合に発動するSPYRAL GEARサーチ
 召喚するだけでアドバンテージを得られるが、攻撃力が低くそのままでは返しのターンで大ダメージを受ける可能性が高い。
 低レベル・低ステータス故にサポートは豊富であり、主にそれを活かして特殊召喚を狙っていく事になる。
 効果に回数制限が無いため《機械複製術》とは相性が良く、SPYRAL GEARを複数枚サーチした上でそのままランク1のエクシーズ召喚LINK2・3のリンク召喚に繋げられる。
 《SPYRAL−ザ・ダブルヘリックス》リンク召喚すれば即座に自己再生が可能となり、地属性なので《ミセス・レディエント》にも対応している。

 《二重召喚》ともシナジーがあり、このカードサーチした《SPYRAL GEAR−ドローン》をそのまま召喚できる。
 これにより相手デッキトップを操作しつつ《SPYRAL−ザ・ダブルヘリックス》リンク召喚できるので、あちらの(2)の効果でさらに展開が可能。

 (2)の効果手札コスト《SPYRAL−ダンディ》の存在を発動条件とする自己再生
 この効果特殊召喚された場合もサーチ効果発動するため、実質ノーコストとも言える。
 ただしフィールドを離れた場合に除外されるデメリットが付くので、自己再生後はエクシーズ素材に使う等して再利用出来る様に努めたい。
 装備魔法をある程度利用するデッキなので、《D・D・R》《アームズ・ホール》と共に採用するのも良い。

 (1)(2)どちらも1ターンに1度の制限がないため、エクシーズ召喚を経由することで複数体を何度も使いまわすことが可能。
 《森羅の姫芽宮》《LL−リサイト・スターリング》を経由すればアドバンテージすらも稼ぎだし、同名カードを回収できる《ゴーストリック・デュラハン》を利用すればループも作りだせる。
 (2)のコストは(1)で賄うことができるため、《SPYRAL−ダンディ》と複数のこのカードを用意できれば、連続でリンク召喚しつつ大幅なデッキ圧縮が行える。

  • 完全な人間の姿をしている上に、機械の武器や防具なども身につけていない機械族という珍しいモンスターカードである。
    一応メカニックではあるようなので機械と無関係というわけではないが、《機械複製術》とのシナジーを考慮した種族設定の可能性もある。
    もしくは、フィクションでたまに見られる「メカニックだが、実は自分もアンドロイド」といったキャラを踏襲した設定であるとも推測できる。
  • サーチ効果自己再生発動条件から、スパイ作品の主人公をサポートするメカニックエンジニアがモチーフと思われる。
    特に固有の英語名がQで始まる事から、映画「007」シリーズの登場人物である「Q」が直接的なモデルと見ていいだろう。
    • 一方、日本語名の「ジーニアス(Genius)」は一般的には「天才・鬼才・非凡(な才能)」を意味するが、類似した意味を持つ「神童(Prodigy)」や「天分(Natural Gift)」とは異なり、こちらは皮肉を込めて(悪い意味の)特殊な才能を指す表現でも用いられる場合が多い。

関連カード

―《SPYRAL−ジーニアス》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《SPYRAL−ジーニアス》 モンスター 効果モンスター 星1 地属性 機械族 攻500 守400 SPYRAL

広告