SR(スピードロイド)OMK(オーエムケー)ガム/Speedroid Gum Prize》

チューナー・効果モンスター
星1/風属性/機械族/攻   0/守 800
(1):自分・相手のバトルフェイズに自分が戦闘・効果でダメージを受けた場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードの効果でこのカードが特殊召喚に成功したバトルフェイズに発動できる。
このカードを含む自分フィールドの風属性モンスターのみをS素材としてS召喚する。
(3):このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキの一番上のカードを墓地へ送り、
そのカードが「スピードロイド」モンスターだった場合、
このカードをS素材としたSモンスターの攻撃力は1000アップする。

 レイジング・テンペストで登場した風属性機械族下級モンスターチューナー
 バトルフェイズ中にダメージを受けた時に特殊召喚する誘発効果特殊召喚に成功したバトルフェイズ中にシンクロ召喚できる誘発即時効果シンクロ素材となって墓地へ送られた場合にデッキトップ墓地へ送りスピードロイドならば強化を行う誘発効果を持つ。

 (1)の効果バトルフェイズ中にダメージを受けた時、戦闘ダメージ効果ダメージは問わずに特殊召喚する誘発効果
 バトルフェイズ中に効果ダメージを受けるのはまれであるため、基本的に戦闘ダメージで出すことになる。
 相手ターンの最後の攻撃時や、低攻撃力モンスターを出し相手守備表示モンスター攻撃すれば特殊召喚でき、そこからシンクロ召喚につなげられるが安定しているとは言い難い。
 戦闘破壊耐性を持つものを出し、そのモンスター自爆特攻ダメージを受けてから出すというのも手。
 最悪の場合、として召喚するのも手である。

 (2)の効果は(1)と連動しているが、基本的にバトルフェイズで受けるのはモンスター戦闘破壊される時の戦闘ダメージ直接攻撃による戦闘ダメージであり、シンクロ召喚のためには別途モンスターが必要になるこの効果と相性が悪い。
 このカード以外のシンクロ素材風属性に限定されており、戦闘ダメージ効果ダメージトリガーにできるカードも少ない。
 《念動収集機》《アーマード・サイキッカー》ダメージを受けつつ風属性モンスター蘇生してシンクロ召喚による追撃を行うのが理想的なのだが、前者はレベル2以下しか特殊召喚できず、後者は相手モンスター元々の攻撃力が絡んでくるため蘇生自体が不安定。
 シンクロ召喚先には縛りがないため、戦闘破壊された場合に後続を出すリクルーターと併用して柔軟なシンクロ召喚を行いたい。
 《精霊獣使い ウィンダ》なら自爆特攻から風属性霊獣リクルートでき、レベル聖霊獣騎を使えばレベル7のシンクロ召喚は可能。

 (3)の効果シンクロ召喚に成功した時にデッキトップ墓地へ送ることで発動する条件付の強化効果
 強化値は1000ポイントと大きく、2回攻撃できる《HSRチャンバライダー》なら戦闘ダメージを2000上乗せできる。
 この効果による強化ターン終了後も続くのも大きい。
 とはいえ、確実に成功させるにはデッキトップの操作が必要になるため、こちらはあくまで小規模な墓地を肥やす効果と見て、強化効果はほぼオマケと見た方が良い。
 墓地肥やしとしては1枚と少ないが、《SR電々大公》《SRダブルヨーヨー》などで繰り返しつかえばそれなりの枚数になる。

 同じスピードロイドレベルチューナーには《SR赤目のダイス》が存在する。
 こちらは単体で特殊召喚できるが、どちらも《SRタケトンボーグ》から特殊召喚できるので大きな利点とはなっていない。
 (2)(3)の効果は無視して、手札にきてもになるスピードロイドレベルチューナーと割り切ってしまってもいいだろう。

  • 作中の描写を見るに、「OMK」は「オマケ」であり、お菓子のオマケに玩具が付属している「食玩」がモデルだろう。
    建前上はお菓子がメインで玩具がオマケなのだが、実際は玩具がメインでごく少量のお菓子がオマケとして封入されている。
    食品の流通に乗せて売ることができるため、商品を置いてもらえる場所が多くなり子供の目に触れる機会が増えるなどメーカー側のメリットが多いためである。
  • 英語名の「Prize」は「景品」を意味する。

関連カード

収録パック等


Tag: 《SR−OMKガム》 モンスター チューナーモンスター 効果モンスター 星1 風属性 機械族 攻0 守800 スピードロイド ロイド

広告