Sin(シン) パラドクスギア》

効果モンスター
星1/闇属性/機械族/攻   0/守   0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールド魔法カードが表側表示で存在する場合、
このカードをリリースして発動できる。
デッキから「Sin パラレルギア」1体を特殊召喚する。
その後、デッキから「Sin パラドクスギア」以外の「Sin」モンスター1体を手札に加える。
(2):自分の手札の「Sin」モンスターを、
自身の方法で特殊召喚するためにモンスターを除外する場合、
そのモンスターの代わりにフィールド・墓地のこのカードを除外できる。

 20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTIONで登場した闇属性機械族下級モンスター
 《Sin パラレルギア》リクルートして同名カード以外のSin1体をサーチする効果Sin召喚条件除外するモンスターの代用として自身を除外できる効果を持つ。

 (1)は、《Sin パラレルギア》リクルートSinサーチ効果
 このカード1枚で《Sin パラレルギア》によるシンクロ召喚の準備を簡単に終える事ができる。
 Sinフィールド魔法を活用するデッキなので、発動条件を満たすことはたやすいだろう。
 なお、「相手の」フィールド魔法のみが存在する場合にも条件を満たすことができる。
 そういう状態の時は《Sin パラドクス・ドラゴン》ではなく他の汎用シンクロモンスターシンクロ召喚し戦力としたい。
 《灼銀の機竜》《Sin パラレルギア》で出せるシンクロモンスターの中でも汎用性が高く能動的な除去も可能なため、従来の【Sin】では扱い辛かった《Sin 真紅眼の黒竜》を投入する選択肢ができた。

 ライフに余裕があれば《Sin トゥルース・ドラゴン》サーチし、《Sin パラレルギア》自爆特攻させてみるのも手。
 あちらの全体除去発動すれば戦況の逆転も可能であり、他にモンスターが存在すればエンドカードにもなり得る。

 《金華猫》で繰り返し蘇生させ効果を使うのも有用で、毎ターンシンクロ召喚が可能となる。
 シンクロモンスターエクストラモンスターゾーンが埋まっている場合でも、《Sin パラレルギア》とそのシンクロモンスター《水晶機巧−ハリファイバー》を出し、また別の《Sin パラレルギア》を出すことでリンク先を準備できる。
 その後《Sin パラドクス・ドラゴン》を出し、シンクロモンスター蘇生させてもいい。

 (2)は手札Sinモンスター特殊召喚に必要なカードの代わりに除外できる効果
 Sinの汎用除外要員となることが可能であり、特に「メインデッキに投入される除外要員は、手札に来てしまうと始末に困る」という問題を解決できる。
 フィールド墓地のどちらからでも除外できるが、フィールドから除外する場合、Sinの共通制約から《Sin Territory》が必要となる。
 もっとも、(1)が発動できずとも《リンクリボー》リンク素材として墓地へ送れるため、基本的にフィールドから除外する事はないだろう。

 《Sin パラレルギア》とは全体的にステータスが類似しているため多くのサポートカードを共有でき、あちら同様フィールドに出しやすいSinでもある。
 それらの点や活用法については《Sin パラレルギア》のページを参照の事。

  • 《Sin パラレルギア》が一般的な円形の歯車をモチーフとしているのに対し、こちらは四角の歯車という奇異なモチーフを持つ。
    一見すると回るようには見えないかもしれないが、実際は「□」と「◇」の形で歯車を配置し歯を噛み合わせれば、このような形状同士でも問題なく回転する。
    これも「一見間違っているように見えて実は正しい」という一種のパラドクスの体現と捉えられる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:自分エクストラデッキ《サイバー・エンド・ドラゴン》が存在せず、本来なら《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》特殊召喚できない状況でも、この効果適用して《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》特殊召喚できますか?
A:はい、できます。(19/02/09)


Tag: 《Sin パラドクスギア》 効果モンスター モンスター 星1 闇属性 機械族 攻0 守0 Sin

広告