TG(テックジーナス) サイバー・マジシャン/T.G. Cyber Magician》

チューナー(効果モンスター)
星1/光属性/魔法使い族/攻   0/守   0
自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードを
「TG」と名のついたシンクロモンスターのシンクロ素材とする場合、
手札の「TG」と名のついたモンスターを
他のチューナー以外のシンクロ素材とする事ができる。
フィールド上に存在するこのカードが破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズ時、
自分のデッキから「TG サイバー・マジシャン」以外の
「TG」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。

 EXTREME VICTORYで登場した光属性魔法使い族下級モンスターチューナー
 手札TGシンクロ素材として使える効果外テキストと、破壊され墓地へ送られる事で発動するTGサーチ効果を持つ。

 属性種族に恵まれたチューナーであり、TGシンクロ召喚のみ非チューナー手札でまかなえる効果を持つ。
 ただしそれを有効活用出来るのは、現在《TG ラッシュ・ライノ》または《TG カタパルト・ドラゴン》2体によるレベル5のTGシンクロモンスターのみである。
 この効果は強制ではなく、フィールドの非チューナーによるシンクロ召喚や、TG以外のシンクロ召喚も問題なく行える。

 後半のサーチ《TG ワーウルフ》等と同様の効果である。
 シンクロ召喚が行えない状況でも、《TG1−EM1》で送りつけたり、最悪でも裏側守備表示セットすることで他のTGサーチに繋ぐことが可能。
 相手手札モンスターとのシンクロ召喚を恐れて《激流葬》等を発動してきた場合にも損失を抑えることができ、なかなかに便利。

  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE 5ではOCG化に先駆けオリジナルカードとして収録されている。
    ゲーム中の効果は以下の通り。
    チューナー(効果モンスター)
    星1/光属性/魔法使い族/攻   0/守   0
    このカードをシンクロ素材とする場合、
    「TG」と名のついたモンスターのシンクロ召喚にしか使用できず、
    他のシンクロ素材モンスターは手札のモンスター1体でなければならない。
    このカードの種族は機械族としても扱う。
    フィールド上に存在するこのカードが破壊され墓地へ送られた時、
    「TGサイバー・マジシャン SC−01」1体をデッキから手札に加える事ができる。
    アニメより制約が追加され、必ず手札モンスターシンクロ召喚しなければならないが、素材はTGである必要はなくなった。
    TAG FORCE6では、レベル1非チューナーTGである《TG ドリル・フィッシュ》がオリジナルカードとして収録されており、このカードの効果を使用して《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》シンクロ召喚が可能となっている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:手札モンスターシンクロ召喚できる効果《スキルドレイン》等で無効になりますか?
A:いいえ、モンスター効果として扱いませんので無効になりません。(11/02/11)

Q:このカードの効果TGシンクロモンスターシンクロ素材にする場合に、手札にある複数枚のTGシンクロ素材に使用できますか?
A:はい、できます。(11/02/11)

Q:このカードの効果TGシンクロモンスターシンクロ素材にする場合に、フィールド上に存在するチューナー以外のモンスター手札TGシンクロ素材に使用できますか?
A:はい、できます。(11/02/11)

Q:手札TGと名のついたチューナーチューナー以外のシンクロ素材として使用できますか?
A:いいえ、使用できません。(11/03/05)


Tag: 《TG サイバー・マジシャン》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星1 光属性 魔法使い族 攻0 守0 TG

広告