TG(テックジーナス) トライデント・ランチャー》

リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/機械族/攻2200
【リンクマーカー:左下/下/右下】
「TG」チューナーを含む効果モンスター2体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「TG」モンスターをそれぞれ1体ずつ選んで、
このカードのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「TG」モンスターしか特殊召喚できない
(2):相手はこのカードのリンク先の「TG」Sモンスターを効果の対象にできない。

 SAVAGE STRIKEで登場した地属性機械族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した場合に手札デッキ墓地から1体ずつTG特殊召喚する誘発効果リンク先TGシンクロモンスター効果の対象に取られないようにする永続効果を持つ。

 リンク素材TGチューナーを含む効果モンスター2体以上と重いように見える。
 しかし、《水晶機巧−ハリファイバー》リンク召喚し、あちらの効果TGチューナーリクルートすることで用意できるため、実質2体で良い。
 また、《聖騎士の追想 イゾルデ》《TG ストライカー》リクルートすることでも条件を満たせる。
 他のカテゴリチューナー戦士族を併用する場合でもこの様な動きからリンク召喚が可能なため、構築の幅は広い。

 (1)はTG手札デッキ墓地から1体ずつ特殊召喚する効果
 一気に3体展開できるが、墓地手札にもTGが存在する必要がある。
 リンク召喚直後なら、墓地にはリンク素材としたTGチューナーが存在するため、実質的に手札TGを用意するだけで良い。
 特殊召喚TGのみに制限されるが、他にもう1体モンスターがいれば、TGシンクロモンスターにつなぎ、そのまま《TG ブレード・ガンナー》シンクロ召喚まで狙える。
 この制限は発動ターンのみなので、TGシンクロチューナーシンクロ召喚すれば、次の相手ターンTG以外を出すことも可能。

 特殊召喚したモンスター効果も使えるため、《TG スクリュー・サーペント》特殊召喚すればさらにもう1体のTG蘇生も可能。
 《TG カタパルト・ドラゴン》《TG ワーウルフ》も絡めば4体以上の展開は十分に見込める。

 (2)はリンク先TGを守る効果
 対象を選べるカードの場合はこのカードに先に使われる可能性が高く、気休め程度の効果と言える。
 強いて言うならば、このカードリンクモンスターであるので、リンク先ともども対象を取る表示形式変更効果への耐性を得られる程度か。

 多少の状況が整えばこのカード+5体のTGフィールドを埋め尽くせるほどの展開力を持つが、TG以外の特殊召喚不可の制約が重く、並べた後に全体除去を受けると再展開は困難になる。
 破壊トリガーサーチできるTG達のフォローで挽回できるのも次巡以降なので、一気に《TG ブレード・ガンナー》《TG ハルバード・キャノン》シンクロ召喚を狙って大量展開する場合、何らかの防備も意識する必要があるだろう。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《TG トライデント・ランチャー》 リンクモンスター 効果モンスター モンスター リンク3 地属性 機械族 攻2200 TG

広告