《TG1−EM1/TG1-EM1》

通常罠
相手フィールド上に存在するモンスター1体と、
自分フィールド上に表側表示で存在する
「TG」と名のついたモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターのコントロールを入れ替える。

 EXTREME VICTORYで登場した通常罠
 TG専用の交換カードであり、範囲が限定される代わりに罠カードとなった《強制転移》と言える。

 《TG ストライカー》などを送りつけ戦闘破壊することにより、大きな戦闘ダメージを与えつつサーチ効果も利用できる。
 相手ターン召喚されたモンスターに対して使用することで、防御と同時に逆転の起点とすることも可能。

 しかし、攻撃力の低いTGシンクロ素材に使用しやすく、このカード罠カードであるため、攻めに1ターン遅れるのがネック。
 このカードを入れるよりもシンクロ召喚補助のカードを入れればシンクロ召喚により攻めていける。
 また、相手フィールドモンスターがいない場合に伏せ除去を受ければステータスの低いTGがそのまま狙われる。

 相手ターンに使用すると、送りつけTG相手に利用される可能性がある。
 シンクロ素材エクシーズ素材に利用されるとサーチ効果発動できなくなってしまうため、発動タイミングはよく見極める必要がある。

 相手ターン召喚された切り札級モンスターをそのターンのうちにコントロール奪取できる利点はある。
 各種特殊召喚モンスターを、起動効果を使わせたり攻撃させることなく自分の戦力に加えられる点は大きい。
 また、《鳥銃士カステル》《No.101 S・H・Ark Knight》といった効果チェーンして発動した場合、送りつけモンスターの処理にもなる。

  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALでは、アンチノミーが使用。
    アニメで使用されたことはないが、専用ボイスが用意されている。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:カード名宣言する際はどのように宣言しますか?
A:「ティージーワン イーエムワン」と宣言します。(11/02/11)

Q:効果解決時対象に選択したTGが存在しなくなった場合でも、入れ替える効果は適用されますか?
A:いいえ、入れ替える事ができませんので適用されません。(11/02/11)

Q:効果解決時対象に選択したTG裏側表示になった場合でも、入れ替える効果は適用されますか?
A:はい、適用されます。(11/02/11)

Q:攻撃力1500以上のTG召喚時に《奈落の落とし穴》発動したところ、相手《奈落の落とし穴》チェーンし《TG1−EM1》を発動しました。
  この場合、処理はどのようになりますか?
A:《TG1−EM1》の効果コントロールを入れ替えた後、召喚されたTGを除外します。(11/06/03)

Q:このカードで《魂を削る死霊》を選んだ場合、その《魂を削る死霊》破壊されますか?
A:はい、効果解決後に破壊されます。(11/03/12)

Q:相手コントロールするTG攻撃宣言をしたとき、自分《次元幽閉》発動しました。
  それにチェーンして相手が《TG1−EM1》を発動し、攻撃宣言したTG自分モンスターコントロールを入れ替えました。
  その後攻撃宣言をしたTG除外されますか?
A:除外されません。(11/09/05)

Q:《TG ブレード・ガンナー》の自身を除外する効果チェーンして《TG1−EM1》を発動し、《TG ブレード・ガンナー》対象としました。
この場合、《TG1−EM1》の効果適用されますか?
A:はい、適用されます。《TG1−EM1》の効果コントロールを入れ替えた後、《TG ブレード・ガンナー》除外します。(16/04/26)


Tag: 《TG1−EM1》 通常罠

広告