《TGX3−DX2/TGX3-DX2》

通常罠
自分の墓地に存在する「TG」と名のついたモンスター3体を選択して発動する。
選択したモンスターをデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分のデッキからカードを2枚ドローする。

 EXTREME VICTORYで登場した通常罠
 墓地TGモンスター3体をデッキ戻して2枚ドローする効果を持つ。

 TG《サイコ・チャージ》というべきカード
 TGシンクロ召喚を多用する上に、一部の下級モンスターが持つサーチ効果で継続的な墓地肥やしも可能であるため、発動条件を満たすのは難しくない。
 また、デッキ戻す事でサーチ先を補充しつつ、ドローディスアドバンテージを補える点でもTGの性質と噛み合っていると言える。

 競合相手には《貪欲な壺》《貪欲な瓶》が挙げられ、どちらも対象の制限が緩いため、汎用性ではこちらが劣る。
 前者とは準制限カードである点、後者とはドロー枚数の多さで差別化できるか。

  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALではアンチノミーが使用。
    アニメに一切登場していないが、専用ボイスも用意されている。

関連カード

墓地カードデッキ戻しドローする効果《貪欲な壺》を参照

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:カード名宣言する際はどのように宣言しますか?
A:「ティージーエックススリー ディーエックスツー」と宣言します。(11/02/11)

Q:効果処理時対象に選択したモンスターが1体でも存在しなくなった場合、デッキに戻す効果ドローする効果適用されませんか?
A:はい、適用されません。(11/02/11)

Q:以下のカード効果で、対象カードが全てエクストラデッキに戻った場合、効果ドローする前にデッキシャッフルしますか?
A:《炎帝近衛兵》
《星因士 シリウス》
《聖騎士の三兄弟》
《ナチュル・マロン》
《氷結界の輸送部隊》
《ダイガスタ・エメラル》
《金満な壺》
《グラディアル・リターン》
《貪欲な壺》
《貪欲で無欲な壺》
《ホープ・オブ・フィフス》
《竜星の輝跡》
《サイコ・チャージ》
《TGX3−DX2》
《貪欲な瓶》:デッキカードが1枚も戻っていないのであれば、そのデッキシャッフルせずに効果処理を行います。(16/01/25)


Tag: 《TGX3−DX2》 通常罠

広告