THE() トリッキー/The Tricky》

効果モンスター
星5/風属性/魔法使い族/攻2000/守1200
(1):このカードは手札を1枚捨てて、手札から特殊召喚できる。

 LIMITED EDITION 6で登場した風属性魔法使い族上級モンスター
 半上級モンスターの一体であり、手札1枚を捨てて手札から特殊召喚できる召喚ルール効果を持つ。

 上級モンスターとしては攻撃力は高くないが、手札1枚を捨てる事で特殊召喚できる。
 捨てる手札には、墓地効果発動するカードを選ぶと良い。
 《黄泉ガエル》等の自己再生モンスター《馬頭鬼》等の墓地から除外する事で効果発動するカード魔轟神等の手札から捨てられた場合に効果を発動するカードとは特に相性が良い。
 《魔轟神獣ケルベラル》を捨てれば、召喚権を使用せずに《アーカナイト・マジシャン》シンクロ召喚《水晶機巧−ハリファイバー》リンク召喚に繋げることができる。
 同様に《魔導術士 ラパンデ》捨てる事で、魔導モンスターサーチでき、《魔導老士 エアミット》ならそのままランク5のエクシーズ召喚も狙える。
 自分手札が少ない時に効果を発揮するカードと併用する手もある。

 ただし、「自己特殊召喚できる上級モンスター」には比較対象となるライバルが非常に多い。
 【ランク5】に掲載されている自己特殊召喚カードは軒並み対抗馬であり、魔法使い族に限定してもノーコスト《太陽の神官》がある。
 また、「手札を1枚捨てて特殊召喚」という効果についても、下記の関連カードにある通りとてもありふれた効果である。
 例えば、同じレベル魔法使い族なら《使神官−アスカトル》《死神官−スーパイ》がある。
 これらは自身と同時にチューナー特殊召喚できるため、レベル6・8のシンクロ召喚に使うならこれらの方が利便性が高い。
 また、レベル魔法使い族《幻想の見習い魔導師》も存在し、あちらは自己特殊召喚以外の効果も持ち合わせている。
 類似した選択肢がとにかく多いカードなので、このカードを使う明確な理由をもって起用したい。

  • 「トリッキー(Tricky)」とは「狡猾な」「巧妙な」といった意味のほかに、劇やドラマなどの創作物において、「物語を根底からかきまわす奇抜な人物」をさすことが多い。
    いつでも手札から飛び出してくるところや、独自のサプリメントマジックを使いこなす姿を現したカード名だと言える。
  • 海外版アニメGX第31話で万丈目が所持している事が確認できる。
  • Vジャンプ2016年10月号の「サトマサのとことん遊☆戯☆王」の最強カードバトル!紹介でのデュエル中の場面に登場している。
  • コナミのゲーム作品において―
    EX2006では詰めデュエルの対戦相手として登場。
    顔の「?」部分がアップになっており、「なぞなぞ」らしさを醸し出している。

関連カード

手札捨てる、あるいは墓地へ送ることで手札から特殊召喚できるモンスター

収録パック等

FAQ

Q:特殊召喚効果分類は何になりますか、また手札捨てることはコストを払う行為にあたりますか?
A:この特殊召喚は特に分類のない効果召喚ルール効果)です。
  また、手札捨てる行為は「特殊召喚するための手順」で、コストを払う行為とは扱いません。(詳細はコストを払う参照)(13/02/01)


Tag: 《THE トリッキー》 効果モンスター モンスター 星5 風属性 魔法使い族 攻2000 守1200

広告