The tripping MERCURY(ザ・トリッピング・マーキュリー)/The Tripper Mercury》

効果モンスター
星8/水属性/水族/攻2000/守2000
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した時に発動できる。
フィールドのモンスターを全て表側攻撃表示にする。
(2):このカードはモンスター3体をリリースして召喚する事もできる。
(3):このカードの(2)の方法で召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手フィールドのモンスターの攻撃力はそのモンスターの元々の攻撃力分ダウンする。
(4):このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

 コレクターズパック−閃光の決闘者編−で登場した水属性水族最上級モンスター
 3体のモンスターリリースできるルール効果アドバンス召喚した時に適用できる2つの効果2回攻撃ができる永続効果を持つ。

 (1)(2)(3)はアドバンス召喚に関する効果である。
 唯一(4)の効果特殊召喚時でも適用されるが、攻撃力《ツインヘデッド・ビースト》より300高いだけである。
 アドバンス召喚以外の運用を考えるなら、アクアリウムといった水族サポートを利用したい。

 3体をリリースしてアドバンス召喚すれば、(1)の効果モンスター攻撃表示になり、(3)の効果攻撃力は0になったも同然になるため、2回攻撃で4000ダメージを見込める。
 しかし消費が激しく、同じ3体リリースには《神獣王バルバロス》《D−HERO Bloo−D》などの大きく戦況を変えられるものも多い。
 更に元々の攻撃力を参照するため、自身の効果攻撃力が変動するモンスターに対しては弱体化を望めない場合もある。
 このカード耐性は一切なく、即座に除去されると大幅なディスアドバンテージになるため、自身のサーチ手段の乏しさも相まって、汎用性は低い。
 こちらを使うならば除去対策を万全にして強化などをしてできるだけ1ターンキルできるような状況で出したい。
 相手モンスター戦闘破壊しやすい状況に持ち込めるので、《ジャンク・アタック》なども相性が良い。

  • 「tripping」とは「足取りが軽い、軽快な」という意味を持つが、動詞「trip」の現在分詞でもある。
    「trip」には「つまずかせる、足を引っ張る」という意味もあり、効果を考えるとこちらの意味の可能性が高い。
    「MERCURY」は「水星」という意味である。
    • 麻薬などを使用し陶酔している・幻覚を見ている状態も俗語で「トリッピング」という。
      後述の通り薬物のようなカードを併用していたり使用者が異常な状態になっているあたり、こちらの意味もあるかもしれない。
      こうした背景もあってか英語名は「tripper」に変更されている。
  • Mr.マッケンジー(トラゴエディア)が手を加えている影響か、このカード召喚直後からデュエル終了までの間、使用者であるヨハンの眼が黒くなり禍々しいオーラを放っていた。
    なお、デュエル終了後の描写を見るにヨハン本人はその自分の状態には気づいていないようである。
  • 効果名「アトモスフェリク ディザフェランス(Atmospheric Disseverance)」の意味は「大気の分離」。
    攻撃名の直訳「気温の変化」も踏まえると、大気を操るモンスターなのだろう。
    また、水星は太陽に最も近いため、惑星の中で気温の変化が激しいという点も踏まえられていると思われる。
  • なお、かつては水星には大気がないというのが通説だったのだが、1974年に宇宙探査機「マリナー10号」の調査によって非常に薄い外気圏があることが確認され通説が覆された経歴がある。

関連カード

収録パック等

FAQ

(3)の効果について

Q:この効果攻撃力が下がっているモンスター《BF−疾風のゲイル》効果攻撃力が半分になった場合、この効果は再計算されますか?
A:再計算されず、現在の攻撃力の半分になります。(17/02/03)


Tag: 《The tripping MERCURY》 モンスター 効果モンスター 星8 水属性 水族 攻2000 守2000

広告