U.A.(ウルトラアスリート)ターンオーバー・タクティクス/U.A. Turnover Tactics》

速攻魔法
「U.A.ターンオーバー・タクティクス」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「U.A.」モンスターが2種類以上存在する場合に発動できる。
フィールドのモンスターを全て持ち主のデッキに戻す。
その後、自分はこの効果で自分のデッキに戻ったカードの数まで、
デッキから「U.A.」モンスターを特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
この効果で自分が特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。
その後、相手はこの効果で相手のデッキに戻ったカードの数まで、
デッキからモンスターを特殊召喚できる。

 EXTRA PACK 2015で登場した速攻魔法
 お互いフィールドモンスターを全てデッキに戻し、それぞれのデッキから戻った分だけ特殊召喚する効果を持つ。

 自分モンスターを状況に即したU.A.と交換できるが、それと同等あるいはそれ以上に相手エクストラデッキモンスター除去する性能が驚異的である。
 対象をとらないデッキバウンスであるため、効果を受けない耐性以外ではまず回避不可能である。

 もっとも、相手デッキに行くモンスターが1体でもいる場合、そこから切り札が出てきて戦況が悪化する可能性もあり得るので注意。
 多くのデッキの切り札はエクストラデッキモンスター特殊召喚モンスターだが、特殊召喚制限の無いモンスターだった場合は逆に手助けをしてしまう。
 特に《大天使クリスティア》等の特殊召喚を封じるモンスターは致命的で、手札U.A.特殊召喚ができず、攻撃できない制約により戦闘破壊もできない。

  • 球技における「Turnover(ターンオーバー)」とは一般的にボールを失うことなどによる攻守の入れ替えを指す。
    しかし、イラストではサッカー等で見られるような一対一の選手交代時のハイタッチの様子が描いてあるように見受けられる。
    一方、カードの効果リセットからの全交代となっており、その解釈から受けるイメージとは開きがある。
    このような全交代が行われるスポーツの一例としてアメリカンフットボールが挙げられる。
    (アメフトでは役割分担がなされており、攻守交替によってまったく別のメンバーとなる。)
    以上を踏まえると、イラストの場面はターンオーバー後の選手交代を描いていると考えればつじつまがあう。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:この効果相手モンスターエクストラデッキに戻った場合、そのモンスターデッキに戻ったカードとしてカウントされますか?
A:いいえ、カウントされません。(15/09/18)

Q:自分デッキU.A.が存在しない時にこのカード発動してU.A.デッキに戻し、デッキから戻したU.A.特殊召喚することは可能ですか?
A:いいえ、自分デッキU.A.が存在しない時にこのカード発動する事自体できません。(15/10/07)

Q:この効果自分U.A.特殊召喚を行えなかった場合、相手はこの効果モンスター特殊召喚できますか?
A:調整中。(17/06/29)


Tag: 《U.A.ターンオーバー・タクティクス》 魔法 速攻魔法 U.A.

広告