V・HERO(ヴィジョンヒーロー) アドレイション/Vision HERO Adoration》

融合・効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻2800/守2100
「HERO」モンスター×2
(1):1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体と、
このカード以外の自分フィールドの「HERO」モンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、
その自分のモンスターの攻撃力分ダウンする。

 PREMIUM PACK 13で登場した闇属性戦士族融合モンスター
 自分フィールドの他のHERO1体の攻撃力分だけ相手モンスター攻撃力守備力単体弱体化する起動効果を持つ。

 融合素材HERO2体と緩く、容易に融合召喚できる。
 ただし、あくまでもこのカード自身はE・HEROではないため、《ミラクル・フュージョン》等のサポートカードは使用できず、融合召喚の手段は制限される。
 《V・HERO ヴァイオン》は特に相性が良く、《E・HERO シャドー・ミスト》とのコンボHERO《融合》サーチすればこのカード融合召喚が可能。
 《融合》サーチできる《E・HERO ブレイズマン》も相性が良く、他にHEROが1体存在すれば容易に出せる。

 効果自体は他のHERO前提であり、場合によってはステータスを下げられない場合もある。
 その点はE・HEROであれば、融合素材《ミラクル・フュージョン》で流用し並べる等で、大きな減少を見込むことは可能。
 《E・HERO シャイニング・フレア・ウィングマン》ならば自身のダメージ効果とこのカード攻撃力ダウン効果がうまくかみ合うので好相性である。
 また、D−HEROにおいて《Dragoon D−END》以外に単独での融合召喚を容易に組み込めることで事故を軽減できるのも利点か。

 同じくステータスを変化させるHEROには《E・HERO Great TORNADO》《E・HERO ガイア》もいる。
 このカードと比べ変化率は大きく前準備もする必要はないので、あちらが融合召喚できる状況ならばこのカードの優先度は低い。
 こちらは維持できれば融合召喚時以外にも発動する利点はあるが、耐性は特になく、攻撃力を一時的に下げるのみのため、不安は残る。
 うまく数を展開しつつこのカードを守り続けられたとしても、その場合には相手裏側守備表示でしのいでくる可能性も高いのが難点となる。

 蘇生制限をクリアした後の蘇生帰還も可能である。
 このカードチェンジ速攻魔法を使用してM・HEROを出した後、更にこのカード蘇生して高攻撃力の追撃や効果の発動、という流れは融合E・HERO達にはできないコンボである。
 攻撃力も高めで効果も有効なので、蘇生帰還対象としての選択肢には覚えておこう。

  • 「アドレイション(Adoration)」とは、英語で「(神の)崇拝、崇敬」を意味する。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果解決時にこのカード表側表示で存在しなくなった場合、対象に選択した相手モンスター攻撃力守備力をダウンさせる効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(10/12/20)

Q:効果解決時対象に選択した自分モンスターフィールド表側表示で存在しなくなった場合、対象に選択した相手モンスター攻撃力守備力をダウンさせる効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(10/12/20)

Q:効果解決時対象に選択した自分モンスター《エネミーコントローラー》等の効果相手コントロールが移った場合、対象に選択した相手モンスター攻撃力守備力をダウンさせる効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(11/06/04)


Tag: 《V・HERO アドレイション》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 戦士族 攻2800 守2100 HERO

広告