X・HERO(エクストラヒーロー) ドレッドバスター/Xtra HERO Dread Decimator》

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/戦士族/攻2500
【リンクマーカー:左下/下/右下】
「HERO」モンスター2体以上
(1):このカード及びこのカードのリンク先の「HERO」モンスターの攻撃力は、
自分の墓地の「HERO」モンスターの種類×100アップする。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

 LINK VRAINS PACK 2で登場した闇属性戦士族リンクモンスター
 墓地HEROの種類に比例する自身およびリンク先HERO強化する永続効果貫通ダメージを与える永続効果を持つ。

 リンク素材にはHEROを指定しており、《E・HERO バブルマン》《E−HERO ヘル・ブラット》《D−HERO ディアボリックガイ》などが素材として使える。
 単にHERO3体を並べるのではなく、間にリンク2の《X・HERO クロスガイ》か、同じくリンク2の《X・HERO ワンダー・ドライバー》を挟んで出すのが基本となる。
 前者はD−HERO蘇生できるのでそのままこのカードリンク召喚につながり、後者も(1)の効果を活かせる状況ならそのままこのカードリンク召喚できる。

 (1)は墓地HEROの種類に比例する全体強化
 倍率が低い上にHEROの数ではなく種類を参照するので、高い強化値は期待しにくい。
 リンク素材3体に別種のHEROを使えば最低でも攻撃力2800となるので、リンク3の平均的な攻撃力を上回る。
 また、自身だけでなくリンク先HEROも強化されるため、大量展開できれば総攻撃力は少なからず上がる。
 ただし、このカード自身がリンク3とHEROデッキとしては重めの素材指定のため、リンク先に複数HEROを並べるのは容易ではない。

 HEROデッキ融合召喚チェンジを多用するので、墓地モンスターを溜め込むこと自体は自然と行える。
 ただし墓地融合との相性は悪いので、墓地融合の際は同名カード2枚以上を墓地に置いた内の1枚や《沼地の魔神王》除外するなどして、HEROの種類数を維持したい。
 D−HERO墓地に関連する効果も多く攻撃力が低い傾向のため、相性は良い。
 またステータスが変動している場合に除去効果を使用できる《D−HERO ディストピアガイ》トリガーとしても有効である。

 (2)は貫通効果
 (1)の効果で自身を強化しておけばある程度のダメージは狙える。
 あって困る効果ではないが、守備表示にならないリンクモンスターの普及も相まって、守備表示モンスターとの遭遇自体が減っている。
 また、(1)と異なりこちらはこのカード自身にしか適用されず、リンク先にまで貫通を付与できるわけではない。

 モンスター効果についてはやや力不足感があり、単体ではカテゴリ指定ありのリンク3という重さに見合っているとは言いがたい。
 しかし、【D−HERO】では、《X・HERO クロスガイ》効果を使用しHERO以外特殊召喚できないターンが多いため、《X・HERO クロスガイ》HERO1体を素材に出せる高攻撃力モンスターという点で価値がある。
 【D−HERO】の主力である《D−HERO ディストピアガイ》ともシナジーがあるので、【D−HERO】では十分活躍が期待できる。
 《X・HERO クロスガイ》から出す事が多いが、《X・HERO ワンダー・ドライバー》《フュージョン・デステニー》サルベージしてからこのカードに繋げれば、このカード《D−HERO ディストピアガイ》を自然に並べる事もできる。
 闇属性HEROなので、《フュージョン・デステニー》の「発動後は闇属性HERO以外特殊召喚できない」制約にも引っかからない。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《X・HERO ドレッドバスター》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク3 闇属性 戦士族 攻2500 HERO

広告