《おろかな転生(てんせい)/Foolish Return》

速攻魔法
相手の墓地に存在するカード1枚を選択して発動する。
選択したカードをデッキに戻す。

 STORM OF RAGNAROKで登場した速攻魔法
 相手墓地からカード1枚をデッキ戻す効果を持つ。

 《D.D.クロウ》に似た効果を持ち、違いは除外するかデッキ戻すかである。
 基本的には相手ターンでも手札から発動できる《D.D.クロウ》の方が有用な場合が多い。
 こちらは速攻魔法のため、相手ターン発動するには一度セットする必要がある。
 ブラフにはできるが、奇襲性は無く除去にも弱い。
 また、《D.D.クロウ》サーチサルベージしやすくにもなる。

 このカード《D.D.クロウ》より優れている点は、《次元の裂け目》《王宮の鉄壁》などの適用下で発動できることだろう。
 これらのカード自分から採用する場合でも無理なく投入できる。
 また、《一族の結束》などの関係で種族の異なるモンスターを入れ辛い場合にも役立つ。
 現環境では《虚空海竜リヴァイエール》除外を活用するカードの増加や採用率の高さから除外よりもデッキに戻した方が再利用されにくい。
 こういった点で《D.D.クロウ》との差別化は可能である。

 むしろどちらかというと《転生の予言》との比較になる。
 あちらの方が戻せる枚数が多く、自分カードも戻せる。
 こちらの利点は速攻魔法なのでドローして即座に発動できることだが、このカード相手ターンに使うことが多いのでメリットとしてはやや弱い。
 それでも、罠カードより魔法カードの方が無効にされにくいため確実性があり、アーティファクト《ブレイクスルー・スキル》等の自分ターンで戻したいカードも存在しているので、こちらにも分はある。
 環境に応じて適切な方を選択したい。

関連カード

収録パック等


Tag: 《おろかな転生》 魔法 速攻魔法

広告