《きのこマン/Mushroom Man》

通常モンスター
星2/地属性/植物族/攻 800/守 600
ジメジメした所で力を発揮!かさから菌糸を振りまき攻撃!

 BOOSTER7で登場した地属性植物族下級モンスター

 《人喰い植物》《マンイーター》《ヤシの木》と全く同じステータスモンスターで、このカードは登場が最も遅い。
 用途については《人喰い植物》を参照。

  • フレイバー・テキストの「菌糸」とは、菌類を形成する糸状の構造のことであり、きのこはそれがより合わさったものである。
    つまり、このカードの場合はかさから自分の身体の一部を振りまいていることになる。
    実際にきのこのかさから振りまかれるものは「胞子」である。
  • 遊戯王OCGの前身であるバンダイ版の遊戯王では、「植人族」という種族だった。
    レベル3である点以外はOCGのものと同じステータスであり、テキストには「森をうろつく不思議なキノコ人間」と書かれている。
    また、イラストOCGと違い全身が暗い赤色になっている。
  • 原作・アニメにおいて―
    原作第2巻で「M&W(マジック・アンド・ウィザーズ)」が初登場した際、ゲーム解説のコマに小さく登場。
    その直後の「遊戯vs海馬」でも登場し、《ミノタウルス》にやられている。
  • 原作では最初期に登場したモンスターであるが、OCG化は遅かった。
    原作ファンにはそれなりに有名なカードであるが、絶版である。
  • アニメZEXALII(セカンド)第92話では《きのこまん》の名前で、学園祭でMonsterCafeのメニューとして小鳥が出したカードの一枚として登場している。
  • TAG FORCEシリーズでは、このカードをメインとした「ザ・きのこマン」というデッキを持つキャラもいる。

関連カード

色違いモンスター

―同じステータスモンスター

―《きのこマン》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《きのこマン》 通常モンスター モンスター 星2 地属性 植物族 攻800 守600

広告