《ならず(もの)傭兵部隊(ようへいぶたい)/Exiled Force》

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1000/守1000
このカードをリリースして発動できる。
フィールド上のモンスター1体を選択して破壊する。

 Struggle of Chaos −闇を制する者−で登場した地属性戦士族下級モンスター
 自身をリリースし、フィールド上のモンスター破壊する起動効果を持つ。

 攻撃を介さず自身をリリースするだけで、モンスター破壊できる効果を持っている。
 モンスター効果でありながら、《スキルドレイン》に阻害されないことも利点の一つとなっている。
 通常召喚して除去効果を使用する場合は、召喚権を使用する単体除去とも言い換えることができる。

 戦士族下級モンスターであることもメリットの一つになっている。
 《増援》によるサーチや、《戦士の生還》からのサルベージができるので、それらの手札に呼び込むカードがそのまま除去カードになる。
 《切り込み隊長》《リミット・リバース》《M.X−セイバー インヴォーカー》等で特殊召喚が可能であり、扱いやすい。
 《ゴブリンドバーグ》との相性も良く、レベル属性種族が同じでエクシーズ召喚も狙え、《増援》等のサポートカードを共有できる。

 良くも悪くも1:1交換能力に優れているが、裏側表示モンスター除去する場合は注意が必要である。
 除去は成立するが、例えば《黄泉ガエル》等に発動した場合は損になる。
 また、対象を取る破壊効果なので、効果耐性自己再生サクリファイス・エスケープなどで対処されやすい。
 ステータスも低く、単体除去を活かせない場合はエクシーズ素材などに使用できるようにしておきたい。

 このカードを使用するのであれば、このカード特殊召喚する手段を増やすなどして、他のモンスターと同時に場に出していけるようにしたい。
 《リビングデッドの呼び声》等でこのカード蘇生させれば、ノーコスト《死者への手向け》となる。
 《M.X−セイバー インヴォーカー》からの特殊召喚先として用意しておくのも手であり、ランク3や《増援》を活用するデッキなら採用の余地はある。
 【不死武士】などの戦士族統一デッキでも活躍できるだろう。

  • 傭兵とは、金銭などで雇われた、直接に利害関係の無い戦争に参加する兵のことである。
    • 英語名「Exiled Force(エグザイルド・フォース)」は、和訳すると「国外追放された部隊」となる。
      ならず者という意味ではあるが、雇われているわけではない。
      ちなみに、英語で傭兵を意味する言葉はMercenary(マーセナリ)である。

関連カード

リリースによる除去効果

―名前関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:この効果フィールド上で発動宣言をするので、《スキルドレイン》無効化されますか?
A:いいえ。効果解決時には既にリリースされてフィールド上に存在しないため、無効化されません。

Q:このカード召喚時に効果を使わずに、フィールドに存在し続けることはできますか?
A:はい、できます。

Q:この効果《エンド・オブ・アヌビス》無効化されますか?
A:いいえ、されません。


Tag: 《ならず者傭兵部隊》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 戦士族 攻1000 守1000

広告