《のどかな埋葬(まいそう)/Peaceful Burial》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキからモンスター1体を墓地へ送る。
このターン、自分はこの効果で墓地へ送ったカード及びその同名カードの効果の発動ができない。

 CHAOS IMPACTで登場した通常罠
 デッキ内のモンスター1体を墓地へ送る効果を持つ。

 《おろかな埋葬》の調整版と言うべきカード
 あちらに比べると発動ターン墓地へ送られたモンスター及びその同名カード効果の発動が封じられる制約があるので使い勝手で劣る。
 また、罠カードであるため墓地肥やしまでタイムラグが生じてしまう点で総合的には弱体化している。
 局所的ながら、相手《連鎖除外》チェーンして発動することで被害を抑えるような運用も可能な点は、フリーチェーン故の独自性と言える。

 基本的には2枚目以降の《おろかな埋葬》の候補となる。
 ただし、《竜の霊廟》《悪魔の嘆き》など、特定の種族カテゴリではより扱いやすい専用サポートカードも存在する。
 また、通常罠墓地肥やしでは5枚の枚数を稼ぎつつ余計な制約も無い《針虫の巣窟》という選択肢もある。
 墓地肥やしに適したサポートカードが存在せず、尚且つピンポイントで墓地へ送る事を重視するモンスターを使用する場合でも、シャドール《影依融合》出張させる手段もある。
 スピリットモンスターなどのデメリットを打ち消す使い方も考えられるが、その場合でも《禁じられた聖杯》《月の書》など、使い勝手のいいカードが存在する。

 三幻神はその種族属性レベルにより墓地送りが難しいためこのカードを採用する意義もある。
 墓地へ送られたターン効果発動できない点を逆利用してそのターンでのエンドフェイズ墓地送りを回避することもできる。
 (ただし、《ラーの翼神竜−不死鳥》の場合はこのカード発動前に特殊召喚する必要がある。)
 なお、次のターンエンドフェイズには墓地へ送る効果発動してしまう点は注意。

 他には、罠カードの奇襲性ゆえ、《ティーチャーマドルチェ・グラスフレ》は好きなタイミングで効果を誘発させることができ、相性が良い。

 《虹光の宣告者》《マクロコスモス》などによって墓地へ送られる代わりに除外されたカードは、効果を問題なく発動できる。
 そのため、これらのカードフィールドに存在する時にわざとこのカード発動し、除外された時の効果を使用することも可能。

  • 《おろかな埋葬》を意識したカードの1枚。
    イラストでは埋葬された腕が草花に水をやる「のどかな」風景が見られる。
    幾分か平和ボケしてしまったのか、カードの性能という点ではあちらに大きく劣っている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《のどかな埋葬》 通常罠

広告