《アークブレイブドラゴン/Arkbrave Dragon》

効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2400/守2000
(1):このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドの表側表示の魔法・罠カードを全て除外し、
このカードの攻撃力・守備力は、この効果で除外したカードの数×200アップする。
(2):このカードが墓地へ送られた次のターンのスタンバイフェイズに、
「アークブレイブドラゴン」以外の自分の墓地の
レベル7・8のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 ストラクチャーデッキR−巨神竜復活−で登場した光属性ドラゴン族最上級モンスター
 墓地からの特殊召喚に成功した場合に相手表側表示魔法・罠カード除外自己強化する誘発効果墓地へ送られた次のスタンバイフェイズ墓地から同名カード以外のレベル7か8のドラゴン族蘇生させる誘発効果を持つ。

 (1)の効果相手表側表示魔法・罠カードを全て除外し、その枚数に応じて自己強化する効果
 ドラゴン族墓地肥し蘇生に長けており、レベル7なので《巨竜の聖騎士》《復活の福音》に対応しているため、比較的容易に発動できる。
 除外であるためサルベージなどの再利用を防ぎやすく、ペンデュラムゾーンに置かれたペンデュラムモンスターにも強い。
 墓地にこのカードがあれば《リビングデッドの呼び声》などの蘇生カードペンデュラム召喚へのメタとなってくれる。
 自己強化も素のステータス最上級モンスターにしては低目なこのカードにとっては有り難く、2枚除外すれば攻撃力は2800と最上級モンスターの基準値に達する。

 (2)の効果同名カード以外のレベル7か8のドラゴン族蘇生させる効果
 タイミングは自身が墓地へ送られた次のスタンバイフェイズと少々遅いものの、どこから墓地へ送られても構わないため発動は容易である。
 《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン》《竜の霊廟》とは相性が良く、このカード蘇生させたいモンスターを同時に墓地へ送ることができる。
 基本的には相手スタンバイフェイズでの蘇生になるため、相手に対処されやすいことには注意したい。

 能動的に行うのは難しいが、相手ターン墓地へ送られた場合には自分スタンバイフェイズ効果発動出来る。
 《曙光の騎士》や、このカードを装備した《巨竜の聖騎士》相手ターン破壊されれば可能である。
 エクシーズ素材としている場合も、そのエクシーズモンスター相手ターン破壊された場合次の自分ターンで展開へ繋げられる。
 《ツインツイスター》《サンダー・ブレイク》などのコストとして相手ターン手札から捨てるのもよい。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:《サイクロン》チェーンして、対象となった《リビングデッドの呼び声》発動し、このカード特殊召喚しました。
  (1)の効果には自身の攻撃力守備力アップが含まれていますが、このチェーン処理後に(1)の効果発動できますか?
A:発動できます。(16/07/28)


Tag: 《アークブレイブドラゴン》 モンスター 効果モンスター 星7 光属性 ドラゴン族 攻2400 守2000

広告