《アーティファクト・ムーブメント/Artifact Ignition》

速攻魔法
フィールド上の魔法・罠カード1枚を選択して破壊し、
デッキから「アーティファクト」と名のついたモンスター1体を選んで
魔法カード扱いとして魔法&罠カードゾーンにセットする。
また、このカードが相手によって破壊された場合、
次の相手のバトルフェイズをスキップする。

 PRIMAL ORIGINで登場した速攻魔法
 魔法・罠カード1枚を破壊してデッキアーティファクト1体を魔法&罠カードゾーンセットする効果相手破壊された場合に相手バトルフェイズスキップする効果を持つ。

 前半の効果は、《サイクロン》アーティファクトセットする効果が合わさった効果
 アーティファクトを使用するデッキでは《サイクロン》上位互換カードとなり、魔法・罠カード除去しつつアーティファクトセットできるので、発動するだけで1枚のアドバンテージが得られる。
 また、相手ターン自分魔法カード状態のアーティファクト破壊し、そのアーティファクト特殊召喚させることもできる。
 セットされた《アーティファクト−ベガルタ》をこのカード破壊し、このカードセットしたアーティファクト《アーティファクト−ベガルタ》破壊すれば、間接的にリクルートカードとして扱える。

 後半の効果は、自身が相手破壊された場合に、次の相手バトルフェイズをスキップする効果
 伏せカード除去バトルフェイズ攻撃を仕掛けたいターンに行われることが多く、攻め手を阻害できる。
 更に、このカード破壊される時にチェーンしてこのカード発動すれば、前半の効果と後半の効果を両方使用でき、大幅なアドバンテージが得られる。

  • ムーブメント(movement)は運動を意味する英単語だが、そこから転じて時計などの動作機構を指す場合がある。
    Vジャンプ2014年2月号の記事では、アーティファクトにはめ込まれた部位を「機械式時計のようなもの」と表現している。
    アーティファクト起動する効果を含めて二重の意味での命名の様である。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:デッキアーティファクトが存在しない場合に発動できますか?
A:できません。(13/02/15)

Q:既に自分の4つの魔法・罠カードゾーンが埋まっている時に手札からこのカード発動できますか?
A:できますが、その場合、必ず自分のカードを破壊しなければならず、相手カード破壊することはできません。(13/02/15)

Q:バトルフェイズをスキップする効果チェーンブロックを作りますか?
A:はい、作ります。(14/02/15)

Q:表側表示のこのカード破壊された場合も、バトルフェイズのスキップは発生しますか?
A:発生します。(14/02/15)

Q:スキップする効果発動した後、相手バトルフェイズに移行する宣言をせずにターンを終了した場合、バトルフェイズスキップしたことになりますか?
A:いいえ、スキップする効果はまだ適用されていないため、その後相手バトルフェイズに移行する宣言をした時スキップします。(14/02/24)

Q:破壊セットは同時扱いですか?
A:同時扱いです。(14/02/15)

Q:選択したカード破壊できなかった場合、 デッキアーティファクト1体をセットする効果適用できますか?
A:いいえ、できません。(14/02/19)

Q:デッキの中にアーティファクトモンスターが1体だけいます。
  「チェーン1:《アーティファクト・ムーブメント》(A)」「チェーン2:《アーティファクト・ムーブメント》(B)」と発動できますか?
A:発動できます。
  この場合、チェーン2は通常の処理をしチェーン1では破壊のみ処理をします。(14/03/26)


Tag: 《アーティファクト・ムーブメント》 魔法 速攻魔法 アーティファクト

広告