《アーティファクト−デュランダル/Artifact Durendal》

エクシーズ・効果モンスター
ランク5/光属性/天使族/攻2400/守2100
レベル5モンスター×2
1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。
この効果は相手ターンでも発動できる。
●フィールド上でモンスターの効果が発動した時、
または通常魔法・通常罠カードの発動時にこのカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
その効果は「相手フィールド上の魔法・罠カード1枚を選んで破壊する」となる。
●このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
お互いの手札を全て持ち主のデッキに戻してシャッフルする。
その後、それぞれデッキに戻した枚数分だけドローする。

 PRIMAL ORIGINで登場した光属性天使族エクシーズモンスター
 通常魔法通常罠効果モンスター効果魔法・罠除去に変更する誘発即時効果お互い手札デッキ戻して同じ枚数分ドローする誘発即時効果を持つ。

 アーティファクトに属するカードではあるが、効果アーティファクトと関係なく使えるものでエクシーズ素材にも縛りがない。
 とはいえ、基本的にアーティファクトと相性の良い効果であるため、他のデッキでお呼びがかかる事はあまりないだろう。
 アーティファクトレベル5かつ自身を特殊召喚する効果を持ち、《アーティファクトの神智》によるリクルートも可能であり、2枚並べる事は難しくない。

 1つ目の効果は、通常魔法通常罠効果モンスター効果魔法・罠除去に変更するもの。
 これにより、事実上相手効果を実質的に無効にすると共に、魔法&罠カードゾーンセットされたアーティファクト除去してモンスター効果の発動に繋げられる。
 対応範囲は広く、相手の行動をかなり拘束できる。
 1ターンに1度しか発動できないが、だからといって様子を見ているうちにこのカード除去されては困るので、マストカウンターの見極めが重要になる。
 一応自分カードに対しても発動できるので、腐ったあるいは発動したら自分にとって不利になるものを魔法・罠除去に変換する事もできる。
 ただし、フィールド上以外で発動したモンスター効果速攻魔法永続罠等に対応しておらず、ダメージステップでは発動できないので穴も多い。

 2つ目の効果は、お互いに及ぶ手札交換
 アーティファクトモンスターばかりが手札に固まり、それを破壊できるカードがない、などの手札事故の時には有用か。
 また、儀式召喚を筆頭に手札にパーツを揃えてから動くデッキに対しては嫌がらせとして高い能力を発揮する。
 相手儀式魔法発動チェーンして手札を入れ替えてやるといいだろう。
 ただし、このカードの効果は1ターンにどちらか1つしか使えないので、こちらの効果を迂闊に使ってしまうと本命の除去などに対処できなくなる。
 このカードの存在は相手に見えているので、どちらの効果を使うにせよ、相手はこれらの効果発動される可能性を認識した上で行動しているのだということを頭に入れておこう。

 前半の効果だけでも【アーティファクト】では相手の行動を大きく縛る事ができ、主力エクシーズモンスターとなれる。
 ただ、このカード単体では高攻撃力モンスターに対処できないので、《セイクリッド・プレアデス》などと適宜使い分けていきたい。
 変わったところでは【ジャックポット7】に採用しておけば、「相手カードの効果《ジャックポット7》破壊する」という条件を満たすことも出来る。

  • ブースターパックガイドによると、「記憶を断つ剣」であり記憶を消し去る力があるようだ。
  • 「デュランダル(Durandal)」は、フランスの叙事詩『ローランの歌』に登場する英雄ローランが持つ黄金の柄の剣であり、不滅の刃を意味する。
    天使が授けたとも、妖精が鍛えたとも、巨人との対決の末に入手したとも言われるが、いずれにせよ超常的な力を持つ名剣だったとされる。
    味方の裏切りによって死地に送られ致命傷を負ったローランは、デュランダルが敵の手に渡る事を恐れ大理石にデュランダルを叩きつけた。
    だが、デュランダルは折れることなく大理石が一刀両断され、ローランはそのまま無念の死を迎えたという。

関連カード

効果を変える効果を持つカード《闇の取引》を参照。

―《アーティファクト−デュランダル》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(14/02/14)

1つ目の効果について

Q:あるプレイヤーフィールド上に魔法・罠カードが存在しません。
  そのプレイヤーから見た相手効果モンスター効果通常魔法通常罠発動した時、1つ目の効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(14/02/15)

Q:1つ目の効果カードの効果を書き換えた場合、破壊するカードはどのタイミングで選択しますか?
A:書き換えられたカードの効果処理のタイミングに選択します。(14/04/09)

Q:1つ目の効果で書き換えた効果は、伏せカード対象に取る効果になりますか?
A:いいえ、対象をとらない効果です。(14/04/09)

Q:相手カードの効果に対して1つ目の効果発動し、その後に自分の場の伏せカードが無くなりました。この場合はどうなりますか?
A:その場合でも、《アーティファクト−デュランダル》の効果は通常通り適用されます。
  したがって、相手魔法・罠カード破壊できずに処理を終えます。(14/04/09)

Q:「フィールド上でモンスター効果発動した時、または通常魔法通常罠カード発動時にこのカードエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。」
  とありますが『フィールド上で』というのはモンスター効果のみを指しているのですか?
  例:《ブレイクスルー・スキル》など墓地から発動可能な通常魔法通常罠に対してチェーン発動できますか?
A:《アーティファクト−デュランダル》の効果は、フィールド上以外で発動した《ブレイクスルー・スキル》などの、魔法・罠カードの”効果の発動”に対しても、チェーンして発動する事はできません。(14/05/21)

Q:モンスターリリースアドバンス召喚した、《真竜剣皇マスターP》の(2)の効果発動に対して、1つ目の効果発動しました。
  この場合、《アーティファクト−デュランダル》の効果適用されますか?
A:《アーティファクト−デュランダル》の効果相手モンスターが受ける効果ではないため、その効果が通常通り適用されます。(17/02/28)

2つ目の効果について

Q:2つ目の効果は、どちらか一方の手札が0枚の場合でも発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/02/15)

Q:2つ目の効果解決時自分フィールド《神殿を守る者》が存在する場合、どのような処理になりますか?
A:その場合、自分手札カードデッキ戻してシャッフルドローし、相手手札カードデッキ戻してシャッフルして効果処理が終了します。(15/07/30)


Tag: 《アーティファクト−デュランダル》 エクシーズモンスター 効果モンスター モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ ランク5 光属性 天使族 攻2400 守2100 アーティファクト

広告