《アーマード・ビットロン》

効果モンスター
星2/闇属性/サイバース族/攻 500/守   0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをリリースして発動できる。
デッキから「アーマード・ビットロン」以外のサイバース族モンスター1体を効果を無効にして特殊召喚する。
このターン、自分はサイバース族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):このカードが墓地に存在し、
自分フィールドのリンク3以上のリンクモンスターが
戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 Vジャンプ(2020年3月号) 付属カードで登場した闇属性サイバース族下級モンスター
 自身をリリースすることでサイバース族効果無効にしてリクルートする起動効果リンク3以上のリンクモンスター戦闘または相手効果破壊された場合に自己再生する誘発効果を持つ。

 (1)は自身をリリースしてサイバース族効果無効にしてリクルートする効果
 フィールドでの効果無効になるものの、《マイクロ・コーダー》の(2)の効果のようなフィールド離れた後に発動する効果は問題なく適用できる。
 上級モンスターであり、フィールドに出しにくい《コード・エクスポーター》リクルートすることもでき、あちらの効果蘇生先にもなる。
 変わったところでは、《夢幻崩界イヴリース》の(2)の効果無効になるため、本来できないシンクロ素材などにして(3)の効果送りつけることもできる。
 単純に《グッサリ@イグニスター》あたりをリクルートし、攻撃力3000のアタッカーとして使うのも手か。

 【マリンセス】においては《海晶乙女シーホース》リクルートでき、展開の起点へのアクセスを増やす手段となる。
 【サラマングレイト】なら《転生炎獣スピニー》リクルートし、《転生炎獣ベイルリンクス》リンク素材にすることで自己再生可能になり、《転生炎獣サンライトウルフ》に簡単に繋がる。

 (2)は戦闘または相手効果によってリンク3以上のモンスター破壊された場合に自己再生する効果
 相手依存ではあるものの、(1)を発動すれば自然と墓地へ送られるため、リンク召喚を行うデッキなら発動条件を満たすのは難しくない。
 効果無効にならないため、既に(1)を発動したターンでないなら(1)の効果発動することもできる。
 なおこちらの発動条件として破壊されるリンクモンスターサイバース族である必要はない。

関連カード

収録パック等


Tag: 《アーマード・ビットロン》 効果モンスター モンスター 星2 闇属性 サイバース族 攻500 守0

広告