《アクションマジック−ダブル・バンキング》

速攻魔法
(1):手札を1枚捨てて発動できる。
自分フィールドのモンスターは、このターン戦闘で相手モンスターを破壊した場合、
もう1度だけ続けて攻撃できる。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
自分メインフェイズに手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。
このカードを自分の魔法&罠ゾーンにセットする。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 PREMIUM PACK 20で登場した速攻魔法
 手札コストを払ってモンスター連続攻撃を付与する効果魔法カードコスト墓地のこのカードフィールドセットする効果を持つ。

 (1)は連続攻撃能力を付与する効果
 1ターン限りだが、自分フィールドの全てのモンスターに能力を付与でき、突破力は上がる。
 《オベリスクの巨神兵》など、効果の対象にできないモンスターにも付与可能。
 墓地へ送る必要はないため、トークンなどを出しておき、戦闘ダメージを増やすと良い。

 (2)の効果墓地からセットできるが、速攻魔法セットしたターン発動できない。
 基本的に自分ターン発動しなければ意味がなく、相性はあまりよくない。
 一応、《霞の谷のファルコン》等の自分カードバウンスできるカードと併用すれば、この効果を使用したターンでもセットされたこのカード発動できる。

  • バンキングとは、バイクでコーナーを曲がる際に体を内側に傾けることを意味する。
    イラストのバイクの軌道を見るに、それを2回行っているのだろう。
  • 漫画版ではアクションマジックであり、カード名は《ダブル・バンキング》であった。
    OCG化の際に「アクションマジック」がカード名に加えられた他、(2)の効果もプラスされた。
    また、テキストには「続けて」という言葉が無いため2回の攻撃の間に別のモンスター攻撃を挟めた可能性がある。

関連カード

収録パック等


Tag: 《アクションマジック−ダブル・バンキング》 魔法 速攻魔法

広告